「強度近視」でも失明する!(depositphotos.com)

写真拡大

 近視が進行すると失明するリスクが高くなる......。この事実に「まさか」と驚く人も多いのではないだろうか。

 近視については「遺伝によるものだから仕方がない」と本人や家族もあきらめがちだ。また、眼鏡とコンタクトレンズで視力を矯正できることもあり、学校や職場で積極的に予防・抑制に取り組むケースは少ないのが現状だ。

 近視を放置しがちな今の風潮に警鐘を鳴らすのが鳥居秀成医師(慶應義塾大学医学部眼科学教室)だ。「世界中で近視の人口が増え続けているだけでなく、失明や視力障害に至る可能性のある『強度近視』の人口も増え続けているのです」と鳥居医師は語る。

 鳥居医師が勤務する慶應義塾大学医学部の近視外来には、近視の進行が止まらないだけでなく、すでに強度近視になってしまった子どもも数多く受診するそうだ。今回はさまざまな眼の疾患を引き起こす近視について鳥居医師に話を聞いた。

眼球の<奥行きが伸びて>近視が進む

 目をカメラにたとえると、「水晶体」はレンズ、「網膜」はフィルムに当たる。そして、網膜より手前にピントがきてしまう状態が近視である。

 近視の主な原因は、「眼軸長」が伸び続けてしまうことである。眼軸長とは角膜から網膜までの、眼球の前後方向の長さだ。目の奥行きである。

 この眼軸長が伸びると、目が自然なリラックスした状態の時に網膜より手前で焦点が結ばれてしまい、網膜にはピンボケのような像が映る。これが近視の状態だ。

 ちなみに、目はここから、筋肉に力を入れて水晶体のレンズを厚くしてピントを近くに寄せる。近くをずっと見続けていて遠くに目をやったときに一時的に遠くがぼやけるのは、毛様体筋や水晶体がすぐに元の状態に戻らないためで、近視とは異なる。

 これまで眼軸長は、子どもの目が成長するとともに伸びて、10〜12歳ぐらいで伸長の程度がゆるやかになると考えられてきた。しかし近年、眼軸長の伸張が止まらず何らかの原因で眼軸長が伸び続けてしまうため、世界的に近視の人口が増え続けている可能性があるのだ。

 実際に、日本などで行われた臨床研究で、成人以後も眼軸長が伸び続ける人がいることが報告されている。

 「私自身、中学生の頃に急に近視になり、その後成人になっても近視が進行し続けました。また、成人になっても近視が進行し続けて困っている方が実は沢山いるということに、私自身が眼科医になって診療を開始してから患者さまの声として感じました。近視の進行は、実は子どもたちだけが困っている問題ではないのです」と鳥居医師は語る。

 日本人の眼軸長は平均約23〜24 mm程度といわれており、鳥居医師が世話人を務める近視研究会では、眼軸長が26mm以上、または屈折の強さを表す「D(ジオプター)」で、マイナス6Dより強いものを強度近視と定めている。

 「C」のようなランドルト環という記号を使って行う視力検査だけでは、強度近視かどうかは判断できない。

「近視は遺伝だから」といってあきらめるべからず

 眼軸長が伸びると、網膜もいっしょに伸ばされるために負担がかかり、網膜剥離や緑内障といった疾患にかかりやすくなる。そのため、強度近視に進行したら、以下の眼疾患のリスクが高まることが知られている。風邪は万病の元と言われるが、まさに目では近視は万病の元といえる。

○網膜剥離:網膜がはがれてしまう病気。糸くずや虫のような物が視界にもやもやと浮かんで見える「飛蚊症」が、前兆として表れることがある。網膜剥離の手術成績は近年良くなっているが、失明に至ることがある。

○緑内障・近視性視神経障害:視野が狭くなる病気。失った視野は元に戻すことができず、進行により失明に至ることがある。

○網脈絡膜萎縮:網膜と網膜の外側にある「脈絡膜(ぶどう膜)」が萎縮し視野障害が生じることがあり、生じる部位によっては視力も低下する病気。

○近視性黄斑症:視力を出すために重要な黄斑部に変性などが生じてしまい視力が出ない状態。新生血管などが生じると失明するリスクが高くなる。

 強度近視とその関連疾患は失明原因の上位を占めており、日本の疫学研究であるTajimi Studyでは、WHOの定義による失明(矯正視力<0.05)の原因疾患として、強度近視は約2割を占め、第1位の失明原因であった。

 さまざまな眼疾患を引き起こす強度近視――。これまでは眼軸長が伸びることを防ぐ有効な手段がほとんどなかったため、経過を観察するしかなかった。

 しかし、世界各国の研究で屋外での活動が近視の進行を抑制する可能性が報告されてきた。さらに鳥居医師ら慶應義塾大学医学部眼科学教室の研究により、屋外のある光環境が近視進行を抑制する可能性があるというひとつの仮説が提唱された。

 「近視は数多くの因子が関係して発症・進行すると考えられているため非常に解明が難しい疾患、いわば強敵です。遺伝も関係している可能性がありますし、環境すなわち読書や勉強など近くの物を長時間見続けることも近視進行リスクのひとつと考えられています」

 「しかし、屋外活動の時間を長くすることで、近くの物を見る時間が長くても近視のリスクが低くなることが過去の研究で報告されています。またこの数十年の間に、爆発的に世界の近視人口が増えていることから、遺伝というよりも環境的な要因がより強く影響している可能性が高いと思われます。」と鳥居医師。

 スマートフォンや携帯用ゲーム機などの電子機器が大人だけでなく子どもにも普及しているのが現状だが、近視の進行を防ぐために、屋外活動の時間を作ってほしいと語る。

 いったん眼軸長が伸びてしまったら、現時点では短くすることはできない。失明に至る重篤な眼疾患を防ぐためにも、近視の予防・進行抑制を心がけたい。その具体的な方法は次回以後で紹介する。
(取材・文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

鳥居秀成(とりい・ひでまさ)
慶應義塾大学医学部眼科学教室助教。2004年、慶應義塾大学医学部卒業後、日本医学会総会特別シンポジウムで日本の研修医代表として卒後初期臨床研修の問題点について発表。2006年、同大学医学部眼科学教室に入局し、2017年より現職。近視に関する研究に興味を持ち医師を志し、2017年にはバイオレットライトに着目した近視進行抑制についての論文を発表。現在は慶應義塾大学病院眼科の近視外来、南青山アイクリニックの近視予防外来などを担当。