浅野の先制弾でマーク外した豪州MF 日本の綿密なゲームプランは「いい勉強になった」

写真拡大

失点に絡んだスミスが地元紙に語る 「僕自身、批判を見た」

 オーストラリア代表は、31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBの日本戦に0-2で敗れた。

 5日にホームで行われるタイとの最終戦にW杯自動出場圏内のグループ2位を懸けることになったが、日本戦でFW浅野拓磨の先制弾でマークを外したサイドハーフが“日本強し”のコメントを残している。現地紙「ヘラルド・サン」が報じた。

 取材に応じたのは、MFブラッド・スミスだ。3-4-2-1の左サイドハーフを務めるスミスはリバプールに所属した経験のある23歳で、左足からのクロスを武器に今後の「サッカルーズ(オーストリア代表の愛称)」を担う一人と目されている。

 しかし、日本戦では手痛い授業料を支払った。前半41分、日本のDF長友佑都の切り返してからの右足クロスに対してボールウオッチャーとなり、浅野を完全にフリーにしてしまう。同じリオデジャネイロ五輪世代のアタッカーに痛恨の先制弾を許し、その後挽回する機会は巡ってこなかった。この先制点についてオーストラリア国内でも批判の声があるようで、スミス本人はこう口にしている。

「失点に絡んでしまったことはもちろんうれしくないけど、ゴールには様々な側面があるんだ、自分自身がその立場なら、人々を攻めることはしない。僕自身、批判を見た。家族や知り合いも先に見たみたいだけど」

「僕らに対して良く対策を練っていた」

 その後スミスは独特のシステムでサイドハーフを務める難しさ、失点についてすでに切り替えていることを口にしつつ、日本のゲームプランについてもこう触れている。

「日本のチームは僕らのフォーメーションに対して、良く対策を練っていたんだ、僕自身、それは来週火曜日に行われるタイ戦に向けていい勉強になったと思うんだ。選手全員にとって効果的なものじゃないといけない。このフォーメーションは僕らがプレーしたいものだし、最高の形でプレーできるように、日々の厳しいトレーニングのなかで培っている。僕らは続けていくしかないよ」

 前線からのハイプレスと守備ブロック構築が機能した日本に比べれば、タイ攻略はできるはずだと誓った。2位以内を確保できるか否かはサウジアラビア対日本の結果次第となるが、オーストラリアとしては日本戦の教訓を活かして大量得点を狙うほかない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images