木の振動板を採用したスピーカーがより進化 JVCケンウッドの小型オーディオシステム

写真拡大

 音響、通信機器のJVCケンウッド(横浜市)は、JVCブランドで小型システムEX-S55を、9月上旬に発売する。独自技術である木の振動板をもつシステムのシリーズ最新モデルとなり、CDのほかにUSBメモリーのハイレゾファイル再生やBluetoothワイヤレス再生が楽しめる。仕上げはブラウン、ブラックの2種類。価格はオープン、市場想定価格は5万5,000円前後(税別)となっている。

 全体に薄くワイドな3点システムでスピーカーも奥に長いユニークな設計。音楽を奏でる木管楽器や弦楽器のように、スピーカー振動板にも同じく木を使いたいという考え方から、長年、改良を加えてきているが、今回は後部にウッドブロックを付けて不要な振動を抑えたり、低音に関わるバスレフダクトの長さなどをチューニングして、より自然でなめらかな音楽再現が実現しているという。

 最新システムらしくBluetoothを搭載しスマホなどの音楽がワイヤレスで楽しめ、また対応スマホとならワンタッチでつながるNFCにも対応している。フロントパネルにあるUSB端子ではハイレゾ音源(192kHz/24bitPCM)やMP3を収めたUSBメモリーを差して聴くことができる。なおUSBメモリーに録音も可能。このほか、CD、ワイドFMに対応のFM/AMラジオなども備わっていて、スマートなデザインは部屋の音楽システムに似合いそうだ

 サイズは、センターシステムが幅219×高さ110×奥行289mm・2.1kg、スピーカーが幅140×高さ110×奥行277mm・2kg(1台)。