ボクシングWBA元世界ミニマム級王者の宮崎亮

写真拡大

 WBA元世界ミニマム級王者で、自称スポーツインストラクターの宮崎亮容疑者(29)が1日に公務執行妨害の現行犯で大阪府警布施署に逮捕された。2日に釈放され、任意での調べが続いている。

 逮捕容疑は、1日午後6時40分ごろ、東大阪市内の通行禁止時間帯の道路に進入。パトロール中の署員に止められて停止したが、急発進して署員の自転車にぶつけた疑い。同容疑者はその後、車を放置して逃げたが別の署員に身柄を拘束された。「免許停止中でばれるのが怖かった」と供述している。アルコールなどは検出されていない。警官にケガはなかった。12年12月にWBAミニマム級王座を獲得し2度防衛した宮崎容疑者は昨年8月、WBA世界ライトフライ級王座に挑戦も失敗。その後は事実上の引退状態。