「お姉さん」と「おばさん」の違い、子どもはどこで判断してるの?

写真拡大

子どもは思ったことをそのまま口にする「正直者」です。

要注意!間違えると「おばさんっぽい!」印象が加速する“2017秋冬トレンド”3つ

大人はその正直さに新鮮さを感じるものですが、その新鮮さが一瞬にして消え、凍りついてしまうケースもあります。

例えば、微妙な年齢の女性に対して「おばさん」と言ってしまう問題。

言われた女性の顔色がみるみる変色していく状況を目の当たりにして、気恥ずかしい経験をしたママも少なくありません。

子どもが正直なのは理解できますが、微妙な年齢の女性に対してはウソでも「お姉さん」と言って欲しいところ。しかしそれは大人の事情であり、子どもには通用しません。

そこで今回は、小学校1年生から6年生までの子どもたちに「お姉さん」と「おばさん」の違いについて聞いてみました。子ども達は何(どこ)を基準に両者を使い分けているのでしょうか。

また保護者の方たちにも、お姉さんとおばさん問題を子どもにどう教えているのかについて聞いてみました。

何歳から「おばさん」になるの?

「お姉さん」と「おばさん」の境界線が何歳なのか気になるところですが、独身の男女300名に聞いたアンケート結果によると、女性の多くが30代と回答したのに対し、男性は40代と回答する人が多数でした。

理由もさまざまで、「顔にしみやしわが増えてくる30代はおばさんだ」「アラサーという響きがもうおばさんだ」などのような意見がありますが、世間的には35歳以降がおばさんと認識する傾向にあるようです。

少しでも若く見せようと、メイクや美容・服装などに力を入れている人に対し「おばさん」のひと言はキツイものですが、そういう人に対して気を遣え!というのは、子どもにとってはなかなか難しいものです。

子どもは何(どこ)で「お姉さん」と「おばさん」を判断している?

では正直者の子ども達に、「お姉さん」と「おばさん」の違いについて聞いてみました。果たして子ども達は何(どこ)で両者を判断しているのでしょうか。

しわの数で判断

顔のしわが多い人はおばさん、そうでない人はお姉さんと答えるのは、小学校2年生の男の子であるS君。

大人の女性達も気にしているように、顔のしわは子どもにとってもお姉さんかおばさんかを判断する基準になっているようです。

白髪がある人はおばさん

髪の毛に白髪がある人がおばさんだと話すのは、小学校1年生の男の子であるH君。

もう少し話を聞いてみると「白髪がいっぱいある人はおばあさんで、少しの人はおばさん」だそうです。

つまり髪の色や白髪率で判断しているということですね。この回答に「なるほどね〜」と思った人も多いのではないでしょうか。

太っていたらおばさん?

太っている人がおばさんだと話すのは、小学校3年生の男の子であるN君。

中学生や高校生のお姉さんは痩せている人が多いけれど、学校の先生や近所の人で太っている人は、ほとんどがおばさんだとN君は言います。

若い人でもぽっちゃりしている人はいるはずなのに、子どもの中には「太っている=おばさん」のイメージがあることを思い知らされた回答でした。

自分の「お母さん」が基準

自分のお母さんは「おばさん」。それより若ければ「お姉さん」で、年上であれば「おばさん」だと話すのは、小学校4年生の女の子であるMさん。

お母さんを基準にして他の女性を判断しているようで、お母さんより若いか年上かは、やはり見た目で判断しているようです。

友達のお母さんは「おばさん」

友達のお母さんは皆おばさんだと話すのは小学校6年生の女の子であるYさん。

見た目が若いお母さん、そうでないお母さんがいますが、小学生の子どもを持つお母さんであれば誰でもおばさんだとYさんは言います。

Yさんは続けて、子どもがいるのにお姉さんは少し違うと思いますと言います。小学校6年生の女の子の意見は少し大人な感じを受け、現実味がある回答ですね。

「お姉さん」「おばさん」問題!お母さん達は子どもにどう教えている?

近年はさまざまな事情により、若くして出産されたママもいれば、高齢出産のママもいるなど、お母さん達の年齢歳もひと昔前よりは大きくなっています。

そんな状況下での呼称問題は、昔よりデリケートになっているに違いありません。

では、子ども達にどのように教えればこのデリケートな問題が大事にならずに済むのでしょうか。お母さん達に具体策について聞いてみました。

友達のお母さんには「○○君、○○ちゃんのママ(お母さん)」

見た目や実年齢に関係なく、どんな親にも受け入れられやすいのが「○○君、○○ちゃんのママ(お母さん)」ですから、息子にはそう教えています、と話すのは小学校2年生の子どもの保護者であるEさん。

間違っても「○○君のおばさん」とは言わないように教えているそうです。

微妙な年齢の女性には「お姉さん」

白髪で腰が曲がり、杖をついて歩いているような人に対しては「おばさん」もしくは「おばあさん」と言わせていますが、分からない時はとりあえず「お姉さん」と言わせています、と話すのは小学校3年生の子どもの保護者であるIさん。

既におばさんと認識している人が、子どもから「お姉さん」と呼ばれれば、恥ずかしさはあるかもしれませんが、悪い気はしないと思います。

逆に気を遣ってくれた子どもに対し「お姉さんではなくおばさんでいいのよ」と言ってくれる人がいるかもしれません。

ですから、とりあえず分からない時は「お姉さん」と言わせています、とIさんは言います。

子ども達の「お姉さん」と「おばさん」を判断する基準が「見た目」であったり「相手の立場」であったりとさまざまであることが分かりましたが、やはり子どもはどちらかと言うと見た目で判断している傾向にあるようです。

子どもが目の前で「おばさん」と言ってしまったものは、親としてもフォローのしようがありません。たとえその場で子どもを叱りつけたとしても後には引けないのです。

ですから、微妙な年齢の女性に対する呼称問題は、予め子どもに教育しておきたいものですが、あまりにも厳しい教育は、逆に正直で素直な子どもの心を汚す可能性もありますから注意したいですね。

子ども自らが状況や雰囲気から空気を読み、その場に適した対応ができる日は必ず来ます。

その時までどう対応するかについては各家庭によりそれぞれ考えがあるでしょうが、ママ友や友人関係など良好な人間関係を保つためにも、ここで一度考えてみてはいかがでしょうか。