本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は2日、ロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦に向け同国のジッダで練習を行った。

 6大会連続となるW杯出場をすでに決めている日本だが、本田圭佑は緊張感を捨てていない。

「これを勝たないとW杯に行けない、というくらいのシミュレーションで試合をやりたいなというのが個人的な考え方」

 歓喜に沸いた31日のオーストラリア戦、本田はピッチに立つことなく試合終了のホイッスルを聞いた。このゲームでは浅野拓磨、井手口陽介とリオ五輪世代の選手が得点を決め、本大会出場権獲得に大きく貢献した。ハリルジャパンの大黒柱である本田は、若手の台頭を「必然」という。

「サッカーだけでなく、人は死ぬし、サッカー選手も引退するし、僕も引退しますし、若手は出てきますし、ごく自然な成り行き。来年のW杯はより変わりますけど、結果を出す組織っていうのは確かに若手とベテランの融合はより大事で、僕だけじゃなくて、経験ある選手が非常に大事な時期にあると。自分自身に目を向けているので、その挑戦に勝ちたい。自分自身に勝ちたい」

 ロシアW杯に向け、サウジアラビア戦から新たな競争がスタートする。本田は「あんまりジタバタはしていない」と言う。

「若い頃はすごく焦っていましたけどね、当然ながら。星稜高校に行った時くらいが一番焦っていましたね。そう考えたら何て言うんかな…、サッカー選手としての先が明確に見えている分、ここから劇的に体力が伸びるわけでもないですし、成り上がるだけのサッカーキャリアではもうない」

 若手の躍動は嬉しいニュースだが、ベテランが重要な存在であることも変わりない。本田は、ハリルジャパンに何をもたらしてくれるだろうか。

text by 編集部