テレ東『池の水を抜く』番組、日比谷公園でお宝を発見

写真拡大

テレビ東京系列にて、9月3日(日)19時54分より『緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4』が放送される。

同番組は、今年1月からこれまでに3回にわたって放送され、反響を呼んでいる“池の水全部抜く”番組の第4弾。今回はMCの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、田中直樹(ココリコ)に加え、ゲストとして小島瑠璃子と芦田愛菜も参加し、東京都千代田区「日比谷公園」、神奈川県座間市「立野台公園」、千葉県千葉市若葉区「泉自然公園」の池の水を抜く。

まず淳と小島が向かったのは、「日比谷公園」。1903年に整備し、日本初の洋風近代式公園が日比谷公園の始まり。東京都民なら誰もが知っているこの公園の管理者から依頼を受け、今回初めて公園内の「雲形池」の水抜きを行う。すると、“歴史的お宝”を発見する事態に……。

田中は、突然親ガモが水の中に引き込まれそのまま羽根一枚すら浮かび上がってこなかったと番組視聴者から投稿があった「立野台公園」へ。得体の知れない生物がいると噂になり、不安な声があがっているという。その正体を突き止めてほしいとの依頼で、かいぼりを行う。

そして、番組に“逆出演依頼”までして池の水を抜きたかったという芦田が向かったのは「泉自然公園」。「外来種のアカミミガメが増えて困っている。準絶滅危惧種のニホンイシガメがいたという噂もあり、在来種を守っていきたい!」というので池の水を抜いてみると、超巨大なヌマガイが出現。初めて見るその大きさと重さに、芦田も驚く。