久しぶりに「パイ投げ」を見た。最近では、AKB48が顔面を真っ白にさせた映像をYoutubeでチェックできるようだが、僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ゆえか、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。

調べてみると意外にも「パイ投げ」の歴史は古く、欧米ではスラップスティック・コメディの定番ネタであったようだ。しかし、今回の対象となるのは、100人の素人。プロのような計算がない分、とことんリアクションがオモロイ。

海外の人気動画サイト「CUT.com」の爆笑映像にあなたは耐えられる?

01.

スタッフ:びっくりさせてほしい?

男性:OK、いいよ。いつやるかは言わな…(いで)! 

02.

 女性(左右を向きながら):え、ちょっと?

 

03.

女性:うわぁぁ、ああー!(悲鳴)

04.

女性:どう、キレイになった?

05.

女性:あっははははは!(笑声)

06.

スタッフ:後ろから行きます。

男性:…。

07.

女性:パイ、お願いします。 

08.

スタッフ:びっくりさせてほしい?

女性:ええ、目を閉……(じても良い?)

09.

 

男性:昔ながらのパイ投げってか?

10.

女性 :(笑……) 洗ってきていい? 

11.

男性:皆の者!撃て―! 

12.

スタッフ:どんな気分?

女性:ええっと…クリーミーな気分。

スタッフ:あっはははは(爆笑)

大笑い、要注意!

たとえ、素人であってもこのリアクション。エンターテイメント大国のアメリカだけあって、どのリアクションも“こなれている感”が漂っていると思うのは、僕だけではないはず。

電車やバスに乗っている人は要注意。僕は、満員電車の中で堪えきれず吹き出し、白い目で見られてしまったので。

Licensed material used with permission by CUT,(You Tube),(Facebook),(twitter)