売れ筋「清涼飲料」トップ100商品ランキング

写真拡大 (全4枚)

夏場にスーパーでよく売れる清涼飲料とは?

8月が終わり、暦の上では秋に入った。今年の夏も暑い日が多かった。汗をダラダラかくほどの暑さの中では、熱中症対策の水分補給という観点からも、ジュースやお茶、スポーツドリンクなどの清涼飲料水をつい買い求めたくなるものだ。

清涼飲料水(ソフトドリンク)とは「一般に飲んだとき、さわやかで、のどの渇きをいやすのに適した飲み物。アルコール1%以上のアルコール飲料や牛乳、乳酸菌飲料以外の飲み物」(日本コカ・コーラHP)をいう。ペットボトルや紙パックのお茶、コーヒーなども広義に含まれる。

そんな清涼飲料で売れ筋となっている商品は何だろうか。筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした全国標準データベース「True Data」を使って、主要な全国のスーパーマーケットのPOSデータを調べてみた。清涼飲料の売れ行き上位100商品について、100万人がスーパーマーケットに入店したとして、その100万人単位における売上金額を調べ、ブランド・商品別にランキングにした。

スーパーを対象とした調査で、コンビニエンスストアやドラッグストア、街にちらばる自動販売機の動向を加味していないため、主には一般家庭向けに強く、売上金額が「数量×単価」で割り出されるため、単価の高めな商品が上位に並ぶという、多少の偏りがあることをお断りしておきたい。また調査対象期間が2017年5月15日〜8月6日であり、夏場の売れ筋になっている点も付け加えておきたい。ランキングにはノンアルコール・ビールやノンアルコール・カクテル、また6本セットなどの複数本パッケージは含んでいない。

「アクエリアス 2L」が1位

1位は「アクエリアス 2L」(日本コカ・コーラ)。100万人当たりの売り上げは93.6万円だ。アクエリアスは「ポカリスエット」(大塚製薬)と並び、日本で最もポピュラーなスポーツドリンクで2リットル入りの平均売価は131円。コストパフォーマンスの高さから、家庭向けに買い求めるニーズが強いのだろう。ちなみにポカリスエットは500ml入りが11位(同65.9万円)にランクインしている。

2位には「ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 甘さひかえめ 900ml」(ネスレ日本)が入った。100万人当たりの売り上げは88.2万円。3位には「コカコーラ OTGボトル PET 500ml」(日本コカ・コーラ)が同79.8万円で続いた。

上位の多くを占めるのが歴史の長い定番品だ。いわばベタな商品が並んでいると気づく。アクエリアス、ネスカフェ エクセラ、コカコーラ以外では、「伊右衛門」「お〜いお茶」「健康ミネラルむぎ茶」「三ツ矢サイダー」などだ。定番がもっとも訴求性がある。いま無数の商品が投入されているが、この定番に残るのが難しい。逆に、いったん定番となれば、消費者の購買行動に習慣づくことによってロングセラーとなる。

日本では自動販売機で清涼飲料水を販売し、さまざまなバリエーションを生んできた。さらに、コンビニ、スーパーマーケットで、次々と新商品を投入し訴求してきた。そのノウハウは海外にも向けられ、いまでは中国、アジアや中東などにむけて、輸出もさかんになっている。

これまで、清涼飲料水=甘い=体に悪い、というイメージをもっていた消費者もいた。しかし、この10年は各社ともゼロカロリーのコーラなどでイメージ払拭をねらった。また、猛暑が続くなか生産量が過去最高を突破し続けた。さらにプライベートブランドでも清涼飲料水がいっそう強化されていった。

健康志向の飲料が増加傾向

また、これはかならずしも清涼飲料水だけではないが、2011年の東日本大震災以降、緊急時の備えとしての需要も高まった。 昨今では、エナジードリンク関連が盛り上がってきた。また、これまで以上にトクホのコーラをはじめとして、健康志向の飲料は多くなっている。今年は、あのライザップもキリンと組んで、ダイエット(減量)意識の強い消費者へ新商品を投入する。

ところで、清涼飲料水の国内市場は、少子高齢化があっても拡大している。さまざまな調査レポートがあり、細かな数字は異なるが、たとえば全国清涼飲料工業会によると1997年に150億リットルだった市場規模は、今では200億リットルを超える。 日本の人口は微減しているが、人口一人あたり消費量はもちろん上がっている計算だ。

中身を見てみると、炭酸飲料の伸びが凄い。また、東日本大震災について書いたが、非常食(飲料)としてのミネラルウォーター、緑茶系も急成長している。これからも日本人にとって清涼飲料水は欠かせない存在であり続けるだろう。とはいえ、飲み過ぎにはご注意を。