「―ウルトラFES 2017」への出演が決定したPOLU

写真拡大

9月18日(月・祝)昼0時からテレビ朝日系で放送される「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」(テレビ朝日系)の出演権を懸けた番組初のオーディション企画「Mステへの階段 ウルトラオーディション」がテレビ朝日で行われ、最終10組の中からPOLUの出演が決定した。

【写真を見る】13歳の丸山がボーカルを務めるPOLUが「Sing」を全力でパフォーマンス!/(C)テレビ朝日

同オーディションは、「―ウルトラFES 2017」への出演権を懸け、アマチュア・アーティストを対象にことし6月から実施。最終審査の模様はAbemaTVで生放送され、43万視聴数を記録し、7万3800件ものコメントが寄せられるほど、大注目の最終決戦となった。そして、13歳のボーカル・丸山純奈を中心とする徳島のバンド・POLUが約2000組の頂点に輝いた。

最終審査に進んだ10組は渾身のパフォーマンスを披露し、審査員の合計点数によってファイナリストにはPOLU、みかんサイダー、RHYMEBERRYの3組が決定。そして、最終決戦では審査員6票に加えて視聴者からの投票を1票加えた合計7票の獲得票数を奪い合った。

POLUは、丸山自身がモチーフになっているという「歌で人を幸せにする」というメッセージを込めたオリジナル曲「Sing」を披露。曲の冒頭をアカペラで歌い始めた丸山は、透明感がありながらも伸びやかな歌声で審査員や視聴者を圧倒。審査員たちもその歌声には高評価で、「声が個性的で、ソングライティングも素晴らしい」(大沢伸一)、「鳥肌が立った」(zopp)、「この歌声、『Mステ ウルトラFES』がすっごく盛り上がると思う!」(古坂大魔王)と大絶賛した。

見事最終決戦を制し、出演権を獲得したPOLUのメンバーは「やったー!」と大喜びで、丸山も「“ありがとうございます”としか言えないです!」とニッコリ。ギター担当・バンは「今の心境は…まさに夢のようですね。僕らは結成して1年も経っていないほど若いバンドで、本格的にライブ活動を始めたのも(2017年)5月からでした。楽しく活動しながら日本一を目指していたのですが、その夢が最短距離でかなって本当に幸せです」と感無量なよう。

丸山も「まさかここまで来られるとは思っていなかったので、めっちゃうれしいですし、これからも頑張ってみんなで有名になりたいと思います! 私たちの夢は“みんなで楽しく日本一”です! この喜びはまず、おばあちゃんやおじいちゃん…大好きな家族に伝えたいです」と応援してくれた家族への思いを明かす。

また、視聴者からの投票でも一番票を集められてことについて、ギターを担当する蜂蜜金柑熊五郎は、「一般の方からリアルに票をいただけたのが、すごくうれしかったですね。『Mステ』に出演するのは夢でしたし、テレビの前でいろいろな人に聞いてもらえるのが楽しみで仕方がないです」と感謝の気持ちを語った。

さらに、ドラム担当の柳本啓太は「実はこの『Sing』という歌ができた瞬間、いけるなと思いました。音楽をやっていない方でもいい曲だと思ってもらえるんじゃないかなと…。それが今回の投票に繋がったんだと思います」と自信があったと語る。

そして、丸山は「お会いしてお話ができるのもうれしいですけど、タモリさんに触りたいです!!」とタモリとの初共演に心待ちにし、「これから2週間、体調万全な状態で本番に臨めるようにしたいと思います!」と意気込んだ。