大好きな愛犬との散歩。

※写真はイメージ

飼い主にとっては楽しく、かけがえのない時間です。

しかし、もしその飼い主のマナーが悪かったら…散歩のコース沿いに住む人は、大変な迷惑を被っているかもしれません。

ある日、@_1nskさんが目撃した1枚の貼り紙。その内容が、あまりにも衝撃的だったことから撮影し、写真をTwitterに投稿します。

すると、賛否を含め、多くの意見が寄せられました。議論を呼んでいる貼り紙を、ぜひご覧ください。

警告

わが家の駐車場や排水口、周辺の道路で犬に糞尿をさせる皆様へ。

大変迷惑を被っております。

小生我慢の限界ですのでご注意ください。

先日警察に相談しましたところ、意思表明をするのがよいとアドバイスをいただきました。

駐車場や周辺で犬に糞尿をさせている場合、犬の頭を割ります。ご了解ください。

小生、木刀の扱いには、いささか自身があります。

追伸

昔のことですが、研究室で犬・うさぎ・ラット・マウスなど毎日大きなゴミ袋にいくつも処分しておりました。

苦しませずに処分致します。

飼い主のかたにご迷惑をかけることはありません。ご安心ください。

もし飼い主が糞尿をさせているところを目撃されましたら、ご一報いただければ幸いです。

丁寧な言葉遣いではありますが、書かれている内容は非常に過激なもの。文面の通り、「我慢の限界」なのでしょう。

投稿者さんも「強い人」という表現で、この警告文を貼った人物を評しています。

「愛犬の頭を割る」という行きすぎた表現はあるものの、ここまで激高させるほど、マナーの悪かった飼い主にも問題はありそうです。

散歩中、自分の愛犬がした糞尿はしっかりと持ち帰る…当たり前のマナーを改めて見つめ直す、いい機会なのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]