2012年デビュー直後に発売したDVDがいきなりチャート1位になり話題に。92cmの迫力Hカップバストに、ほんわか空気の癒しの笑顔で根強い人気を誇る”みづき姫”こと星名美津紀が、3冊目となる写真集『刹那』(徳間書店)を発売し、記念イベントが新宿で開催された。

「この前は高校生の時に(写真集を)撮って、今回は20歳を過ぎて初めてで、”大人になった時”に形として残せたのでとっても嬉しいです」と笑顔を見せた。友人や家族からも「大人っぽくなった」と言われるそうだが、「お母さんに見せた時は、写真は大人になったね。って言われたんですけど、中身は変わってないね。そこが美津紀の良いところだよ。って言われたのがすごく嬉しかったですし、妹にも見せたら”え?これお姉ちゃん!?”と言われて、やっぱり大人っぽくなったのかな?」とほんわかエピソードを話した。

2年ぶりとなる今作はでは、20代になった星名のセクシーカットが満載。常夏の沖縄を舞台に、現地で暮らす女の子をイメージした撮影も敢行した。お気に入りのショットに選んだのは、なんと泣き顔の写真。「初めてカメラの前で泣きました」という。「桑島さん(カメラマン)から感情を出してって言われたときに、グラビアをやってきた6年をいろいろ思い出して、そしてまた写真集を出せるっていう嬉しさで、感極まってしまいました」と振り返った。期待のセクシーカットについては「私”胸”ウリなんですけど、実はおしりのカットも入ってて、それもみなさんに見てもらいたいです」と、ぷるぷるHカップに負けていない、ぷりっした”みずきヒップ”にもぜひ注目してもらいたい。

20歳を過ぎてひとり旅が多くなったという星名。「今までのように友達といないと寂しいなって思いがなくなってきました」と感情の変化を告白し、「ひとりでアメリカに3週間ほど留学を兼ねて行ってきました。英語上達を目的に言ったんですけど、全然しゃべれなかったですね。観光みたいになっちゃいました(笑)」と星名らしい答えが。また趣味を増やしたそうで、日本の文化に触れたくて華道を始めたとか。花嫁修業?と質問が飛ぶと「先生にも言われたんですけど、(華道が)できたらかっこいい大人の女性だなと思って初めて見ただけです!」と笑顔で否定。朗報はまだ先のようだ。