北海道で6クラブ共同開催!! すみだが好調・湘南に勝利!!《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

写真拡大

▽2日にDUARIG Fリーグ2017/2018第13節の3試合が行われた。

▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催が3回目を迎えた。北海きたえーるには、J SPORTSシリーズとしてエスポラーダ北海道をはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、アグレミーナ浜松が終結した。

▽第1試合のヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松は、4-3で仙台が勝利。第2試合の湘南ベルマーレvsフウガドールすみだは4-1ですみだが勝利し、第3試合のエスポラーダ北海道vs府中アスレティックFCは、2-3で府中が勝利した。

◆ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松

▽北海きたえーるでの6クラブ共同開催第1試合は、立ち上がりから浜松が良い入りを見せると、7分にFP中村友亮、8分にFP前鈍内マティアスエルナン、12分にオウンゴールと3点を奪った。しかしここから仙台がギアを入れ替えると、14分にFPマルロンが1点を返して前半を終える。後半も仙台が主導権を握ると、24分、29分、32分に堀内迪弥がネットを揺らして、ハットトリックで逆転。すると浜松は試合終盤にパワープレーに出るが追いつけず。仙台が逆転勝利を飾り、クラブ史上初となる連勝を飾った。

◆湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ

▽第2試合となった関東ダービーは開始1分にFP本田真琉虎洲のゴールで湘南が先制する。しかしそこからすみだが反撃を開始。12分にFP清水和也、13分に渡井博之のゴールで逆転して前半を終えた。後半も主導権を握ったのはリードするすみだで、24分に諸江剣語、27分にFP田口元気がネットを揺らす。湘南は試合終盤にFP鍛代元気をGKに入れたパワープレーを見せるがゴールは生まれず。すみだが北の大地で行われた関東ダービーで逆転勝利を収めた。

◆エスポラーダ北海道vs府中アスレティックFC

▽初日最終試合は、立ち上がりから北海道が大声援を受けて推し気味に試合を進めるが、11分にFP渡邉知晃、15分にFPマルキーニョのゴールで府中が先制する。しかし北海道も16分にオウンゴールで1点差として前半を終えると、26分にはFP室田翔伍のスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。迎えた35分、カウンターで抜け出したFP皆本晃のループシュートが決まって府中が再度勝ち越すと、結局このゴールが決勝点となり、府中が逃げ切り勝利した。