松山、初日の42位から巻き返せるか(写真は初日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<デル・テクノロジーズ選手権 2日目◇2日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>
米国男子ツアー、プレーオフシリーズ第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」の2日目。現地時間の午前9時15分、松山英樹が10番からティオフした。
米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック
スタートホールはセカンドショットを約8メートルにつけると、バーディパットは決めきれずパー発進。初日は最終ホールでイーグルを奪うなど見せ場を作ったが、1オーバー42位タイと出遅れてしまった。この2日目は巻き返せるか、注目が集まる。
2週連続優勝を狙う首位のダスティン・ジョンソン(米国)は日本時間3日の2時40分に1番ティからスタート予定。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

デル・テクノロジーズ選手権のスコア速報
松山英樹、2017年間王者への道〜Road to FedexCup Champion〜
松山英樹、会心のイーグル締めも憮然「たまたまです」
松山英樹はオッズ15倍 マキロイ、デイと並ぶ高評価
松山英樹は、いつ負けたのか 悔し涙の本当の意味 【舩越園子コラム】