まだまだ寝苦しい日々が続き、「クーラーがないと眠れない!」という夜もありますよね。とはいえ、気になるのが寝冷え。朝起きたときに身体がダルい、疲れが取れていない……なんてことはありませんか?

そこで今回は、美容ライターである筆者が寝苦しい夜も熟睡の世界へと誘う、快眠グッズをご紹介します!

1:くぅ〜最高!全身を預けてよし…『王様の抱き枕』

「実際のところ、抱き枕ってどうなの?」と、店頭で見掛ける度に疑問に思っていた筆者。ところが、ここ最近背中や腰の痛みに悩まされ、行きつけの整体の先生に相談したところ、勧められたのがコチラ。『王様の抱き枕』(標準サイズ8,000円<税抜き>)です。

実際に試してみると、「くぅ〜最高!」の一言! ごく普通の抱き枕とは違い、『王様の抱き枕』は独自のタツノオトシゴ型のフォルムで、頭のてっぺんからつま先まで姿勢に合わせて変形しながら、全身を優しく包み込んでくれるのです。

身体を預けた瞬間、ムニュ〜ふわ〜と雲の上に沈んだような新感覚で、辛い背中や腰に負担をかけることなく、朝までグッスリ!

2:もう戻れない!朝までヒヤッと…『アイスノン』『熱さまひんやり』

続いては、冷凍庫で冷やし繰り返し使用できる氷枕『アイスノン』(オープン価格)と『熱さまひんやりやわらかアイス枕』(オープン価格)です。

クーラーが苦手という友人から、夏の暑さ対策に教えてもらったところ、これがどストライク! 暑さが苦手な筆者は完全にクーラーを断ち切ることは出来ませんが、『アイスノン』+クーラーの設定温度を上げることで、寝苦しさや寝起きの冷えから解放されました。

さらに、寝起きにありがちだった頭痛に悩まされる回数もグッと減り、今では『アイスノンソフト』と『熱さまひんやりやわらかアイス枕』の両ストックを完備するまでに! ちなみに、冷たさと硬さを求める方には『アイスノンソフト』を、柔らかめがお好みという方には『熱さまひんやりやわらかアイス枕』がおススメですよ。

3:ぐびっと1杯!飲むだけで格上げ…「Bathtime Drink Before After」

万年暑がり&冷え性の筆者。身体の内側から体質改善をしたいと思い、出会ったのが温浴サポート飲料『Bathtime Drink(バスタイムドリンク)』(『Before』『After』2本セット/800円<税抜き>)。

こちらの商品の面白いところは、飲むだけで体温に差が出るところ! まず入浴前に、生姜やシナモン、唐辛子、リンゴ酢など9種類のあたため成分が配合された『Before』を飲み、ゆったりと湯船へ。血流が促され、体温が上昇します。

入浴後には、ラフマエキスやグリシン、ギャバ、テアニンなどリラックス成分が配合された『After』を。上質な眠りにつくための体温に調整し、心身をサポートします。

平日はもちろん、筆者のお気に入りは金曜日の夜に使うこと。入浴後はキャンドルを灯しながら、しばしのリカバリータイムへ。自分の体温が心地よく、肩の力が抜けたようなリラックス感を感じながら、ウトウトとベッドへ。気付けば……翌朝までグッスリ!

「あ〜よく寝た!」という言葉がピッタリな、睡眠格上げアイテムです。

いかがでしたでしょうか? これらのお助けアイテムと出会ってからというもの、筆者の睡眠快適指数は150%に! 人生の1/3を占めているとも言われる睡眠時間だからこそ上質なひと時にしたいものですね。

外部サイト