湘南は横浜FCと引き分け。レアンドロ・ドミンゲスに2ゴールを奪われた。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

  J2リーグは9月2日、31節の10試合が各地で開催された。

 BMWスタジアムでは首位の湘南が7位の横浜FCと対戦。34分に藤田征也のゴールで先制した湘南は、58分にもジネイが追加点を奪い2-0とリード。71分にレアンドロ・ドミンゲスに追撃の1点を許したものの、そのまま押し切るかに思われた。しかし後半アディショナルタイムの95分、横浜FCは再びL・ドミンゲスがゴールを陥れ同点。結局2-2の引き分けに終わっている。

 同様の展開となったのは2位の福岡だ。敵地での讃岐との一戦では、山瀬功治の2ゴールで2点をリード。しかし、終盤の82分、讃岐の永田亮太に1点を返されると、86分には渡邉大剛に同点弾を許してしまう。福岡も2-2の引き分けに終わり、湘南との勝点差は依然7のままとなっている。

 3位の名古屋も敵地での水戸戦を1-1のドローとした。先制を許した53分にシモビッチのゴールで追いついたが、勝ち切れなかった。5位の長崎は18位の金沢を相手に2-1で勝利し、4位に浮上している。

 また9位の松本は4位の徳島に、ホームで3-1と快勝。16分に先制を許したものの、工藤浩平の2ゴールと高崎寛之のダメ押し弾で逆転勝ちした。松本は、千葉と引き分けに終わった6位・東京Vに勝点差1と迫る勝点49で7位に浮上。一方の徳島は5位に後退した。

 9月2日に行なわれたJ2・31節の結果は以下の通り。

山形 1-1 岡山
水戸 1-1 名古屋
千葉 2-2 東京V
松本 3-1 徳島
京都 1-2 山口
讃岐 2-2 福岡
湘南 2-2 横浜FC
金沢 1-2 長崎
熊本 0-1 町田
大分 1-0 群馬
岐阜(9月3日開催)愛媛