8月13日夜、NHKはドキュメンタリー「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」を放送し、中日戦争期間中に、日本の731部隊が中国の東北地方で行った人体実験の驚くべき事実を明らかにした。(文:関田剛司。瞭望東方周刊掲載)

写真拡大

8月13日夜、NHKはドキュメンタリー「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」を放送し、中日戦争期間中に、日本の731部隊が中国の東北地方で行った人体実験の驚くべき事実を明らかにした。(文:関田剛司。瞭望東方周刊掲載)

日本人である私は、同番組を見終わった後、なかなか冷静さを取り戻すことができなかった。まず、関東軍が戦争中に中国で犯した恐ろしい罪に、驚き、心が痛んだ。また、NHKが日本国内で重圧がかけられるにもかかわらず、取材を行い、この番組を放送したことに敬意を抱いた。

番組の冒頭で、記者はロシアの国立音声記録アーカイブで、旧ソ連時代から保管されてきた未公開の約24時間におよぶ音声テープを発掘した。そのテープは、1949年にロシアで行われた731部隊を裁く軍事裁判「ハバロフスク裁判」の全過程を記録している。

陸軍軍医・石井四郎を隊長とする731部隊は37年から、黒竜江省哈爾濱(ハルビン) 市の郊外にある平房鎮に、疫病予防や飲料水浄化という名目で基地を建設し、戦争が終了するまで、生きた中国人やロシア人戦争捕虜、反日の姿勢を示す一般人などに、生物兵器や化学兵器の効果を試す人体実験を行っていた。

最も多い時期で、731部隊には、軍医、士官、衛生兵、少年隊、さらに、日本国内の薬学、理学、医学界で権威ある学者らを含む約3000人が属していた。それらの学者は、「技師」と呼ばれ、731部隊を指揮するトップ陣だった。多くの非人道的な実験の命令は、東京大学や京都大学、慶応義塾大学など、日本の最高学府の大学の学者らが下していた。

これは本当に驚くべき真相だ。NHKが東京大学を取材しようとした際、大学側は、「組織的に当校が731部隊の研究開発に関わったことはない」として、取材を拒否した。それでも、NHKはあきらめず、当時、東大の総長・長與又郎と関東軍のトップ・石井四郎が緊密に連絡を取っていた資料を発見した。また、NHKは長與又郎の遺族の許可を得て、当時の日記を入手。長與又郎が京都大学の医学院長・戸田正三と共に、731部隊を視察した様子が記録されており、長與又郎が731部隊で行っていたことが明らかになった。

私は、日本が一番よく考えるべきなのは、負傷した人や病気の人を救うことを大義名分としている医学関係者までが、なぜこれほど残忍なことを行ったのかという点だと思う。

その大きな原因の一つに、当時の日本国内の世論がある。当時、日本では、政府からメディアに至るまで、中国やロシアは「強奪者」で、日本人を虐殺し、満州国に対抗していると、大々的に宣伝していたため、国民の憤りは最高潮に達し、民族主義が高揚していた。

私は、このような動かぬ証拠があるという事実が、侵略戦争が中国やアジアの他の国の国民にもたらしたあまりに大きな悲劇について徹底的に反省するよう、日本政府を動かすことを願っている。

ただ、残念なことに、8月15日に東京で行われた終戦72周年全国戦没者追悼式で、安倍晋三首相が戦争について謝罪し、反省の言葉を述べることはなかった。

日本のあるネットユーザーは、「人体実験に関わり、しっかり目を見開いてメスを握っていた軍医らはもうこの世にはいないかもしれないが、それらの残虐行為は語り継がれ、後世にも伝えていかなければならない」とコメントを寄せている。(提供/人民網日本語版・編集KN)