【AMG GLC43 クーペ試乗】これぞ賢者の選択!?王者ベンツのスペシャルなクーペSUV

写真拡大 (全10枚)

北米市場に端を発したSUVが、百花繚乱“我が世の春”を謳歌しています。ビッグサイズからコンパクトモデルまで。高級路線から比較的、手の届きやすい価格帯まで。そして、3列シートのピープルキャリアーからスタイリッシュなクーペまで…。

そんな中、「人とは違うSUVに乗りたいけれど、あまり冒険するのも…」と考える貴方にオススメの1台がメルセデス・ベンツ「GLCクーペ」。同社の量販セダンたる「Cクラス」を堅実にSUV化した「GLC」…に、流麗なルーフラインを与えたスペシャルボディのSUVです。

日本でのGLCクーペのラインナップは、ベースとなるGLCに準じたもの。2リッターターボ(184馬力/30.6kg-m)、2.2リッターディーゼルターボ(170馬力/40.8kg-m)、2リッターターボにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド、そして、強心臓のAMGバージョンがカタログに載ります。

今回紹介するのは、最もスポーティなAMGバージョン、メルセデスAMG「GLC43 4マチック クーペ」。AMGの文法に則って、前後左右に空力パーツ“AMGスタイリングパッケージ”が装着されます。いわゆる“AMGルック”たるノーマルモデルのスポーツグレードとは異なり、フロントグリル、フロントスポイラー、ドアミラー、ウインドウモールなどがブラックアウトされます(“ナイトパッケージ”)。スタイリングがググッと引き締められますね!

SUV全盛というトレンドの波に乗りつつ、他人とは差別化でき、しかも実用面でも妥協しない。これぞ賢者の選択!? さすがはスリーポインテッドスターのクーペ、です。

メルセデスAMGのGLC43 4マチック クーペは、クーペといってもドアは4枚。乗車定員は5名。後席左右は、座面こそ少々低めですが、大人用として十分なスペースが確保されています。

リアハッチを開ければ、500リッターからの荷室スペースが現れ、さらに(!)、シートバックは4:2:4の分割可倒式。荷物や用途に合わせて、細かく使い方を変えられます。

足下には、AMG特製の5ツインスポークタイプアルミホイールが装着され、AMG仕様ならではの迫力を醸します。ホイールサイズは21インチ! その上、AMGならではの特別な足まわり“AMGスポーツサスペンション”を得ていることもあって、ノーマルのGLCクーペより10mmほど車高が落ちています。前後フェンダーと、薄い大径タイヤとのすき間が詰まっていて、スポーツグレードであることを暗黙のうちに主張します。

GLC43 クーペのボディサイズは、全長4735×全幅1930×全高1590mm。ライバルであるBMW「X4」と比べ、全長、全幅が大きく、やや低いボディサイズです。意外や、BMWよりスポーティなフォルムを採っています。

さて、ドアを開け、AMGロゴの入ったステンレス製“ランニングボード”をまたいで運転席へ。GLC43 クーペのシートは、通常では人工皮革とスエード調ファブリックとのコンビネーションになるのですが、試乗車はより贅沢な“レザーエクスクルーシブパッケージ”が選ばれていました。ソフトな風合いのナッパレザーと本革を組み合わせたシートが、柔らかめのタッチで、しかし、しっかりと体を支えてくれます。

ちなみにこのオプションには、ガラススライディングルーフや、13スピーカーを搭載する“Burmester(ブルメスター)サラウンドサウンドシステム”も含まれます。GLCのAMGバージョンを、スポーティかつ、ラグジュアリーに仕上げる装備といえましょう。ちなみに、アディショナル金額は60万円です。

GLC43 クーペを特徴づける心臓は、3リッターのV6ツインターボ。最高出力は367馬力/5500〜6000回転、最大トルクは53.0kg-m/2000〜4200回転。かつての5リッターV8級のアウトプットですね。

何より、基本の排気量が3リッターもあるので、2基のタービンが本格稼働する前段階、例えば、走り出しの一瞬などに、トルクの細さを感じることはありませんし、過給が始まった時のつながりもスムーズです。

このエンジンは、オールアルミ製の軽量ユニットで、精緻な燃料噴射が可能な“ピエゾインジェクター”を用いた直噴タイプ。カタログ燃費は10.3km/Lとされます。

強力なエンジンに合わせてストッピングパワーも強化され、フロントには360mmのドリルドディスクが装備され、4ポッドのキャリパーが確実に速度を殺します。

足まわりには、スポーツ性を重視したエアサスペンション“エアボディコントロール”が採用され、スプリングレート、ダンピングとも、状況に応じて瞬時に変更されます。望みのドライブフィールを決定する“AMGダイナミックセレクト”でもこの機能が活用され、エンジン、トランスミッション、ステアリングのパワーアシスト、クライメートコントロールに加え、サスペンションの特性も、ドライバーが好みに従って選択可能です。

…といった、本気モード(!?)のスポーツ性能以上に、AMGオーナーにとってうれしいのが“AMGエグゾーストシステム”。AMGダイナミックセレクトを「スポーツ」モードにすると、排気音がエモーショナルに高まり、運転者をたかぶらせます。さらに「スポーツ+」を選ぶと、バックファイアー音の演出が派手に加わり、もう「やる気モード全開!」に。同乗者にも分かりやすい効果です!!

一方で、360度カメラシステムと組み合わせた“レーザーセーフティパッケージ”や、乱れた挙動を正すESP、ヘッドライトを効率的に使う“LEDインテリジェントライトシステム”、“アダプティブハイビームアシスト・プラス”といった、各種安全装備の充実も見逃せません。

流行のSUVにして、ルーフラインが美しいクーペボディ。その上さらにAMGブランド。メルセデスAMG GLC43 4マチック クーペはまさに“スペシャル感マシマシ”の1台なのです。

<SPECIFICATIONS>
☆GLC43 4マチック クーペ
ボディサイズ:L4735×W1930×H1590mm
車重:1940kg
駆動方式:4WD
エンジン:2996cc V型6気筒 DOHC ターボ
トランスミッション:9AT
最高出力:367馬力/5500〜6000回転
最大トルク:53.0kg-m/2000〜4200回転
価格:910万円

(文&写真/ダン・アオキ)