Doctors Me(ドクターズミー)- 育児と介護の両立“ダブルケア” 直面する問題と支援制度について

写真拡大 (全9枚)

皆さんは、「ダブルケア」という言葉をメディアなどで耳にしたことはありますでしょうか?

育児だけではなく、介護も同時に行っていることを意味しているのですが、近年ダブルケアの世帯数が増加傾向にあることが分かり、悩みを抱えている人たちが多くいるようです。

今回は、ダブルケアの問題や支援制度などについて、医師と一緒に考えてみました。

ダブルケアとは 



育児と介護の両方を行っている人のことを指します。

20代で出産した場合、その親(もしくは義親)は40代〜50代、まだ介護を要する状態ではありません。親の介護が問題になるのは、子育てが落ち着いてからになります。

晩婚化により変化



しかし、近年の晩婚化などにより、40歳近くで出産した場合、すでに親は70歳近いことになり、子どもが幼い時点から親の介護を同時並行する必要が出てくる場合があります。

ダブルケアが必要になるケース



・親が高齢でなくても、病気になって介護が必要になる場合

・親の親がまだ存命で介護が必要な場合

・自身のきょうだいの介護が必要である場合

・高齢女性が、孫の育児と夫・姑の介護を同時に行っている場合

ダブルケアの推定人口

 

平成24年の調査によると、
女性約17万人、男性約8.5万人がダブルケアを行っており、15歳以上の人口の0.2%に当たるとされています。

ダブルケアが抱える問題



転職・退職



育児・介護・家事に手間を取られることによって、仕事の時間・内容を減らさざるを得なくなったり、転職や退職が必要になる場合がある。

金銭面



育児・介護、同時の費用負担額が大きい。

施設不足



保育施設も老人介護施設も足りない現状では、自宅でできる限り育児・介護をする必要がある。

育児専念が困難



自分が行いたい育児内容を行えないことがある。例えば、子どもに習い事をさせたくても、介護があるため送り迎えが難しい、など。

介護の見通しが立てにくい



育児とは異なり、介護は何年でどうなるという見通しが立てにくく、介護される側の病状変化によって柔軟な対応を迫られる。

  

肉体的負担



体力が奪われる、疲れる、体に痛みが出るなどが大きい。

精神的負担



報われない感じ、ストレス、孤独感などが大きい。

ダブルケアの支援制度・利用できるサービス

仕事





・短時間勤務

・育児、介護休暇

・フレックスタイム制

・在宅勤務制度

ダブルケアを行いながら働き続けるには、勤務先の理解と支援制度が必要です。

育児





・保育施設

・学童保育

・病児保育

・ベビーシッター、一時預かり

・ファミリーサポート

・地域支援センター

■ 注意点

保育施設に子どもを入所させる際、保護者が介護も行っているということは、保護者が育児をできない理由として点数に加算されることがあります。

しかし、保育施設が不足している地域では、介護だけを理由に保育所入所を申請しても、フルタイムで働いている場合よりは点数が低くなってしまい、希望する保育所に入所できない場合が多いと思われます。

介護





・老人福祉施設

・訪問介護

・訪問リハビリ

・訪問看護

・家事援助サービス

・デイサービス

最後に医師から一言



育児や介護の負担は女性に偏りがちであり、助けを借りずに自分でこなすべきという思いが生まれがちです。

家族だけでなく各種制度の助けを借り、一人に負担が偏らないようにできると良いですね。

(監修:Doctors Me 医師)