腸の掃除をして腸内環境を改善してくれる乳酸菌。日本では昔から発酵食品が豊富であり、ヨーグルトだけでなく漬け物など様々な食品から乳酸菌を摂っています。ところで乳酸菌といえば「腸まで生きたまま届く」というキャッチコピーを目にすることがよくあります。果たして乳酸菌は生きたまま腸に届かないと、健康効果が得られないのでしょうか。

増えている「生きたまま届く乳酸菌」

乳酸菌は簡単に、生きたまま腸に到達できるものなのでしょうか。実は生きたまま腸に達するのは難しいこと。摂取した時点で乳酸菌が生きていても、多くは胃液などの強い酸性により、腸にたどり着く前に死んでしまいます。そこで現在増えているのが、企業の技術開発により生まれた、生きたまま腸まで届く乳酸菌。こうした乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントを、スーパーや通販などで多く見かけるようになり、今後ますます増えていきそうです。

腸内環境の改善には、死んだ乳酸菌でも効果あり

「生きたまま乳酸菌が腸に届く」といったフレーズから気になるのは、乳酸菌が死んでしまったらその恩恵を受けられないのでは、ということでしょう。しかしご安心を。乳酸菌は腸に届く前に死んでしまっても、腸内環境を改善するのに十分な効果があります。生きている、あるいは死んでしまった乳酸菌は腸内に届くと、善玉菌(意外と知らない腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の違いの話)のエサとなることで善玉菌を増やしてくれるほか、腸の免疫を活性化する働きもあります。だから死んだ乳酸菌も生きた乳酸菌同様、腸の健康維持に大きく貢献しているのです。それでは生きたまま乳酸菌が腸へ届く利点とは何なのでしょうか。それは乳酸菌や酢酸を作り出して腸内を酸性化し、悪玉菌が増えにくい環境を作ることです。しかし乳酸菌が生きられる期間は短いため、効果を得るためには定期的に摂取する必要があります。

いろいろな発酵食品を食べて乳酸菌を腸に届けよう!

乳酸菌はたとえ死んでいてもその効果は十分、必ずしも生きたまま乳酸菌が届かなくてもいいわけです。例えば漬け物にも乳酸菌が多くいますが、市販の漬け物の場合、風味が変わるのを避けるために発酵を停止してあるものが多く、すでに乳酸菌が死滅していることがよくあります。自家製の漬け物やぬか漬け(こんなものもぬか漬けにできちゃう?自家製ぬか漬けで内側からも綺麗に)であれば、生きた乳酸菌が摂れますが、先ほども述べたように本来、乳酸菌が生きたまま腸まで達するのは難しく、多くは死滅してしまいます。でもこうした漬け物を食べても、腸内環境はちゃんと改善されていくのです。ヨーグルトも生きた乳酸菌にこだわらなくても、まずは定期的に食べることが腸のために大切なのです。発酵食品をたくさん食べて、乳酸菌の力もっと腸に届けたいですね。


writer:Akina