コウチーニョ逃してぶっちゃけるバルセロナ「リバプールは2億ユーロを求めてきた」

写真拡大

▽リバプールがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)を求めるバルセロナに対して、2億ユーロ(約261億円)を要求していたことが分かった。

▽今夏の移籍市場でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、かねてからコウチーニョの獲得を目指してきた。一部メディアではバルセロナの1億6000万ユーロ(約209億円)のオファーが報じられていたが、最終的に移籍は実現せず、コウチーニョは残留することになっている。

▽バルセロナのスポーツ・ディレクターを務めるアルベルト・ソレール氏は、リバプールとの移籍交渉について以下のように話した。

「オファーを出した数週間後、リバプールは1人の選手に2億ユーロの移籍金を要求してきた。我々はクラブをリスクにさらすことはできない」

「我々には素晴らしいチームがある。新加入の選手たちは競争力を高め、我々のスタンダードを維持する助けとなる」