マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】

写真拡大

3回戦で「圧巻のラリー」が炸裂、ファンの間では賛辞拡大「偉大な帰還遂げている」

 テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、女子シングルス3回戦で元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が同139位のソフィア・ケニン(米国)を7-5、6-2で下し、16強入り進出。特に注目を集めたのは、第2セットで繰り広げた壮絶ラリーだ。17秒に及ぶ死闘を大会公式ツイッターも「圧巻」と表現し、ファンから「偉大な帰還を遂げている」「君は戻ってきたんだね」と称賛が殺到している。

 元世界1位の強さは戻ってきたのか。シャラポワが驚異のプレーを演じたのは、1-0とリードした第2セット、4-2とリードした第7ゲームだった。

 シャラポワのサービス。代名詞のシャウトから力強いサーブでケニンを崩すと、今度はロブショットでネット際に引き出した。なんとか返したケニンに対し、今度はがら空きの後方へ。すると、ケニンも猛ダッシュでベースラインを超えたところで追いつき、ネットに背を向けたまま打ち返した。18歳の諦めない粘りに観衆もこの時点で大歓声となった。

 しかし、上回ったのはシャラポワだ。クロスに打ち込まれたシャラポワも懸命に右腕を伸ばして返し、今度は前進してきたケニンのレシーブを冷静にロブショットで無人の後方へ。巧みな技で17秒に及ぶラリーを制した。その瞬間、観衆は総立ちとなり、スタンディングオベーションを送ったのだった。

ファンも感嘆「オーマイゴッド!」「とてつもないプレーと見事な判断」

 大会公式ツイッターは「マリア・シャラポワとソフィア・ケニンの間で繰り広げられた圧巻のラリー」と記し、動画付きで紹介。すると、ファンの感嘆のコメントで溢れ返った。

「スタンディングオベーションが沸き起こっていた!さぁ行こう、シャラポワ!!」

「素晴らしいシャラポワが偉大な帰還を遂げている」

「マリアが“自分自身”にショットを打たなければ、彼女は誰でも打ち負かすことができる!」

「とてつもないプレーと見事な判断。君は戻ってきたんだね!」

「オーマイゴッド!なんてポイントなの!」

「君は何を恐れなくても、これだけ偉大な試合ができるんだよ」

今大会はスポーツマンシップへの批判の声も…ファンから風向きに変化?

 このようにロシアの妖精を称賛する声が殺到。美貌で知られる両者について「美人な2人による、信じられない奮闘だったね」と評する声もあった。

 1回戦で優勝候補の一角であるシモナ・ハレプ(ルーマニア)を破った際には「バスルーム・ブレイク(トイレ休憩)」を取ったことが海外メディアで「ハレプの勢いを削ぐための欺瞞の行動」とスポーツマンシップについて非難され、ランキング下位にもかかわらずセンターコートで戦い続けることが他選手の怒りを買うなど、何かと逆風が吹いていた。

 しかし、懸命なプレーと往年のテクニックを見せながら突き進む30歳の風向きは、ファンから徐々に変わってきているのかもしれない。