“スター”本田の獲得で「メキシコに衝撃」 パチューカが移籍市場の「勝利者」と海外メディア評価

写真拡大

米メディアがリーガMXの今夏補強を格付け

 今夏の移籍市場で日本代表FW本田圭佑の獲得に成功したメキシコ1部パチューカが、移籍市場の「勝利者」と格付けされた。

 高評価の要因の一つに本田獲得が挙げられており、「メキシコのマーケットに衝撃を与えた」「スター・パワー」と高い評価を受けている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が、リーガMXの補強特集を行なった。

 クルス・アスル、ティファナとともに、パチューカは移籍市場での「勝利者」と格付けされた。

 チームのエースだったメキシコ代表FWイルビング・ロサーノがオランダのPSVに移籍。パチューカのオーナーを務めるヘスス・マルティネス氏は、日本のレフティー獲得で衝撃を与えたと記されている。

「12カ月間でクラブの二大スターが移籍した後、チームはいかにバラバラな状態を免れることができたのか? ヘスス・マルティネスの野望にとって、その回答はメキシコの移籍市場に衝撃を与えるものだった。イルビング・ロサーノのPSV移籍発表後、ACミランで不用になった日本代表のケイスケ・ホンダを獲得したのだ」

 本田は右ふくらはぎの肉離れで出遅れたものの、8月22日のヴェラクルス戦(4-1)では途中出場から強烈なミドルシュートを叩き込み、メキシコデビュー戦でゴール。ここまで2試合に途中出場で1得点という成績を収めている。

「最も魅力的なパチューカの補強は…」

「ホンダは“スター・パワー”と注目度をもたらす一方、最も魅力的なパチューカの補強はチリ人ストライカーのエドソン・プッチだ。昨年ネカサで活躍した。もう一人のチリ人、アンジェロ・サガルも素晴らしい補強となった。万能型のフォワードはすでに代表に呼ばれ、2017年にはアイスランド戦とブルキナファソ戦でゴールを決めている」

 3年半ミランの背番号10を背負った本田は、ピッチ内でのプレーのみならず、パチューカの国際的な認知度を高めるスターとしての役割も期待されており、それも補強成功の一因とされているが、純粋な戦力としてはチリ人コンビの方が高く評価されている。

 日本代表では、ワールドカップ出場権を獲得した8月31日のオーストラリア戦(2-0)で、22歳のFW浅野拓磨、21歳のMF井手口陽介が殊勲のゴールを決めたことで、海外メディアからもドルトムントMF香川真司、レスターFW岡崎慎司とともに「ビッグ3終焉」と報じられた本田だが、新天地メキシコでの注目度に陰りは見られないようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images