女性がおしゃれのつもりでやっていることでも、男性から見れば好印象どころかドン引きな場合があるようです。いったいどんなおしゃれに、男性たちは「うわっ」と感じているのでしょうか?

ド派手なネイル

長すぎる爪は男性から「清潔感がない」「家事をしていなさそう」という見方をされがちなようです。また、ダークカラーや寒色のネイルは男性にとって少々毒々しい印象があるようで、「近寄りがたい女性」「冷たい女性」というイメージを持たれることがあるようです。異性に好印象を与えるネイルとしては、ほどよく切りそろえられて生活感があり、なおかつ暖色などの肌なじみのよいカラーを選ぶと良さそうです。

大きすぎる瞳

瞳は大きければ大きいほどかわいいというわけではないようです。黒目を強調するカラコンは、人によって不自然な顔だちになることがあり、「しない方がいいのに……」という男性の声も多く聞かれます。
また欧米人のような多彩なカラコンもおしゃれではありますが、人に親近感を与えるものではないようで、付けるときには特にTPOを考えましょう。
また、黒目が大きいとそれだけ子どもらしい印象になるので、大人の女性があまりインパクトの大きい瞳をしていると、無理して若く見せていると思われる恐れもあります。もしも大人の女性がカラコンを取り入れるなら、極力自然な印象をキープするように心がけると不自然にはならないでしょう。

長すぎるまつげ

まつげの長さも加減が大事です。とくに女性のギャップに萌えたい男性の中には、お泊りのとき「彼女のスッピンが見られる!」と期待していたところ、彼女がエクステをばっちり付けていたため夜も昼と印象がほとんど変わらず、内心「がっかりした」という人がいました。
女性がより完璧な美を追求する一方で、男性はちょっぴり隙のあるかわいらしさを求める傾向があります。大変かもしれませんが、両者の好みの違いを認識して、同性の前では思い切りつけまつげなどで盛り、異性の前ではマスカラで自然なまつげを演出するとバランスよく好印象を得ることができそうです。

浮いているチーク&アイシャドウ

一時期、若い女性を中心に「おフェロメイク」なるものが流行しました。同じ女性から見ればかわいくておしゃれなメイクですが、濃すぎるチークやアイシャドウによって、男性からは「化粧がキツすぎる」と思われてしまう場合もあったようです。
女性が思う以上に、男性はナチュラルメイクを支持しているものと思われます。こちらもまつげと同じく、同性の前では好きなだけ色を付け、異性の前では控えめにすると、両者から状況に合わせてメイクができるお化粧上手な女性と思ってもらえることでしょう。

おしゃれは異性のためだけにする必要はないので、必ずしも男ウケを狙わなくて良いと思います。しかし、おしゃれによって「恋を引き寄せたい」と少しでも思っているのなら、個性を出すよりも異性の気持ちに寄り添ったおしゃれをする方が効果的なようです。
一度、自分にとってのおしゃれが異性にはどう映るのか? 男性目線で考えてみるのも良いかもしれませんね。