9月2日、3日にかけて東京ビッグサイトで、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク主催のふるさと納税の日本最大イベント「第3回ふるさと納税大感謝祭」が開催されています。


「ふるさと納税って寄付するとなんかもらえるやつでしょ?」ぐらいの知識しかないふるさと納税超初心者のライターが、イベントに潜入してきました!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体を選び直接寄付ができる制度です。

収入により限度額は違いますが、寄付した額から原則2,000円を引いた額が税金から控除され、さらに寄付の返礼品がもらえる自治体が多数あります。

ふるさと納税は嬉しい返礼品を貰いつつ、自分の選んだ自治体の応援ができるとっても嬉しい制度なんです。

ふるさと納税については下記動画がわかりやすかったのでご覧ください。

国産肉や酒など豪華な返礼品が多数登場

イベントでは、実際に自治体の方や生産者の方が多数参加し、返礼品の試食や試飲、地域の特色や寄付金の使い道の説明などを行っていました。

せっかくなので、筆者も気になる返礼品の試食・試飲をしてきましたよ!

大人気!国産肉の返礼品

ふるさと納税の人気な返礼品といえば、やっぱりお肉!

返礼品のお肉の試食がおこなる自治体ブースは、常に大行列でした。

▽写真は高級肉近江牛の試食ができる滋賀県近江八幡市のブース。


筆者もお肉を試食!こちらは茨城県常陸大宮市の瑞穂牛。

うほっ、トロケル。


茨城県小美玉市のサンゴク豚。

噛むと口の中に甘みが広がる豚肉でした。


地元の日本酒を提供

そしてお酒!日本酒や焼酎。国産ワインの試飲がたくさん行われていました。

こちらは高知県四万十町の日本酒。並々注いでくれる太っ腹。


癖が少なく、とても飲みやすい秋田県大館市の大吟醸北秋田。これはいくらでも飲めちゃいます。



みのを被ってプレゼンをしてくれた新潟県柏崎市。

まろやかな味わいのかめぐち酒。絶品でした。



こちらは焼酎白霧島です。

宮崎県都城市の返礼品。


筆者の大好きなワインもありました!

女子会にウケそうな北海道十勝町の町民用ロゼワイン。



人気ゆるキャラのグルメも

埼玉県深谷市は人気ゆるキャラ「ふっかちゃん」をモチーフにしたふっかちゃんフライを提供していました。



東京都からの参加も

ふるさと納税というと地方自治体が行っているイメージでしたが、なんと東京都墨田区からの参加もありました。

墨田区への寄付は墨田区出身の画家「葛飾北斎」の美術品を展示する「すみだ北斎美術館」の支援に使われるそう。

ふるさと納税で東京都への納税が減っているなんて情報も耳にしますが、東京都も頑張っていますね!


上記のようなお肉やお酒などの地域の特産物が、ふるさと納税をうまく利用すれば自己負担額2,000円でゲットできます。

さらに寄付した自治体の活動も応援できちゃう。

ふるさと納税ってすごいなぁ。

寄付金の使い道がわかる安心感

多くの自治体では、ふるさと納税により集まった寄付金の使い道を公表しています。

自分が寄付したお金がどのように役立っているのかがわかると「寄付してよかったな」という気持ちになりますよね。

実際に、集まった寄付金で保育料の無償化を実現したような自治体もあるんですよ!


スマホからふるさと納税をしてみよう

ふるさと納税をする方法はいくつかありますが、スマホからも行えます。

ふるさとチョイスの公式サイトやアプリから簡単にできます。

筆者は今までふるさと納税をしたことはなかったのですが、これを機会にやってみようと思いました。インターネットでできるのは気軽でいいですよね!

※自治体によってはインターネットから寄付ができない場合もあります。

公式サイトはこちら
→ふるさとチョイス


© 2012-2017 TRUSTBANK, Inc.

「第3回ふるさと納税大感謝祭」は明日も開催

「第3回ふるさと納税大感謝祭」は9月3日も開催しています。参加費は無料ですので、お近くの方はぜひ行ってみてください。

各自治体の方から直接特産品の説明を聞いたり、寄付金がどのように使われているかを聞くことで、「ここにふるさと納税をしたいな」という場所が見つかりますよ。

まぁ、何と言っても普段食べられないおいしい肉・海鮮・お酒も楽しめますしね!!!!!

参加申し込みはこちら
→第3回ふるさと納税大感謝祭

第3回ふるさと納税大感謝祭について

開催日:2017年9月2日、3日開催場所:東京ビッグサイト 東5ホール開催時間:10時から17時参加費用:無料参加方法:公式サイトから申し込み

詳しくはふるさとチョイス公式ページをご覧ください。