Himiko 乱<RAN>。(画像:光岡自動車発表資料より)

写真拡大

 光岡自動車は、4台限定の特別仕様車「Himiko 乱」を、9月2日より三越日本橋本店で展示販売すると発表した。価格は税込638万円。

【こちらも】光岡自動車「ビュート」に回転式シートを設定、特別仕様車も発売

 この車のテーマは、日本古来の「武の美」であるという。専用のボディカラーは、日本の伝統色たる「漆黒」(ブラック)と、「藍鼠」(グレー)の2色を用意し、ルーフパネルとボディサイドにはやはり日本の伝統色である「朱殷(しゅあん)」(レッド)を組み合わせている。そのイメージは、戦場を駆ける勇猛な騎馬であるという。

 また、「花吹雪」と名付けられた、金色のフレークを1%未満塗布する特別な技巧により、ボディ表面には「空に煌めく星々の如き」重厚で奥深い複雑な立体感が表現されている。

 インテリアを見てみよう。シートには、安土桃山期に流行し織田信長も愛用したという「片身替」というデザインを採用、斬新かつシャープな印象に仕立てられている。

 また、専用インパネデコレーションパネルには、金沢の純金箔がちりばめられている。さらに、ラジエターグリルバッヂには専用の七宝焼き、アルミホイールは甲冑を連想させるデザインとなっている。

 「Himiko 乱」の展示販売は、2017年9月2〜3日と9月9日〜10日、午前10:30〜午後7:30、東京都中央区の三越日本橋本店、本店1階南口で行われる。なお、この展示販売は、三越日本橋本店のイベント「GSJ PREMIUM WEEK 〜Vol.2〜」の連動企画である。

 このイベントは、三越日本橋本店とGAME SYMPHONY JAPAN(GSJ)のコラボレーションによるものであり、今回は、コーエーテクモゲームスのシブサワ・コウ氏の世界がテーマとなっている。

 光岡自動車は、この車を「現代社会という乱世を生きる侍たちに贈る至高の逸品としてご案内いたします」と語っている。