西洋と異なるロボット観、「ドラえもんの国」日本の勝ち筋とは

写真拡大

災い転じて福となす── 日本はいま、自らの弱みを一転、独自の強みに変えようとしている。海外諸国には真似できない優位性を自覚し、ビジネスチャンスにしていくこと。逆襲は、ここから始まる。

外国人が驚く日本人の意外な一面に、”勝ち筋”はある。ボストンコンサルティングの御立尚資は、今年、来日した外国人たちとの会議で何度となくこう言われた。

「なぜ日本の社会にはロボットやIoTにアレルギーがないのか?」

欧米では「機械が人の仕事を奪う」脅威論が、日本人の想像以上に激しいという。

「日本は超人手不足だから、ロボットやオートメーションはニーズがあるのでしょう」と、御立は言う。「ロボの手も借りたい」と言いたくなるほど、日本は世界最速で少子高齢化が進み、現役世代の割合が減少しているのは周知の通り。フォーブス ジャパン9月号の特集「日本発コネクテッド・インダストリーズ」で紹介した事例もそうした現場からアイデアが生まれた。工事現場、宅配、農業、工場……。

人口問題の打開策がないまま、どん詰まりに陥る。が、それは反転のチャンスでもある。視点を変えるか、誰かの助けを借りるしかなく、インテルの伝説的CEO、アンドルー・グローヴも自分の経験から過去のしがらみを捨てるチャンスとして、こう言っている。

”生死を賭けた土壇場になってはじめて目の前の現実が、長年信奉してきた信条を打ち破るに至った”

つまり、コネクテッド・インダストリーズによる「大どんでん返しモデル」が生まれるのは自然の流れであり、すでにその土壌は整っているのだ。

もう一つ、ロボットアレルギーがない理由として、御立は「鉄腕アトムの刷り込みでしょうかね」と笑う。

日本人の大半は、ロボットは人を助けるものだと信じて疑わない。子どものころから毎週ロボットが人間と一緒になって社会悪をやっつけるアニメを見て育ち、ドラえもんに至っては対等な「友だち」で、仕事を奪うどころか仲良く遊んだり、人間の家に住んで一緒に食卓を囲んだりしている。こんなに仲良くロボットと共生する社会を描いてきた国は他にあるだろうか?

日本と西洋の間には、「自然を征服するか共生するか」の違いがあるように、「ロボット観」も異なる。子どものころから刷り込まれた日本人のロボット観が、今になって産業界をアシストしようとは手塚治虫や藤子不二雄も予想すらしなかっただろう。

オープンとクローズをどう分けるか

ときに「モノマネ」と揶揄されてきたビジネスも優位性となる。前出の御立は、「アメリカで生まれたトランジスタをラジオにしたのは日本だし、ウィリアム・エドワーズ・デミング博士の品質管理をカイゼンとして広めたのも日本であるように、コンセプトは借り物でも真っ先に応用してきた歴史がある」と言う。

資源に乏しいうえ、「もったいない」という生活思想が創意工夫の文化を生み、応用は日本のお家芸となった。世界で価格競争をやれば日本は負けることが確実である。世界で勝負するには応用しかない。ポイントは、応用のノウハウをどうやって勝ち筋にするか、である。

農業や介護などがわかりやすい前例になる。おいしい作物を育てるコツや、こまやかな気づきのサービスといったノウハウを持ちながら、持続的に稼ぐことができず、新規参入者よりも廃業や離職率の高さばかりが目立つ。慶應義塾大学准教授で内閣官房 情報通信技術総合戦略室室長代理の神成淳司は、「ノウハウの証券化」を提案する。

「おいしいトマトを作るには適度なストレスを与え、水を与えるタイミングが重要ですし、介護、ホテル、レストランなどのヒューマンサービスの究極は、状況を把握した的確なサービス提供です。こうした数値化が難しい熟練のノウハウを継承できるように、人工知能を用いたデータマイニングなどの最新技術を活用しています。高度なノウハウをブラックボックス化すれば、ビジネスが成り立ちます」

暗黙知とAIの組み合わせだけではない。業界の壁を取り払って、視野を広げてみれば、世間は立ち位置が違う人たちばかりだ。視点の数だけアイデアの数があり、視野の広さがそのまま可能性の範囲を広げる。

「CO2排出抑制などの環境、あるいは安全といった分野は各企業が競う領域ではなく、ビッグデータを使って知見を共有してもいいはず」と、ワークスアプリケーションズCEOの牧野正幸は言う。

企業間の無駄な競争が経済成長を推し進めてきた面もあるが、そうしたモデルでの成長はすでに限界がきている。競争と協調をどこで分けていくべきか。オープン(協調)とクローズ(競争)を決める判断力が企業の明暗を分けることになるだろう。

コネクテッド・インダストリーズで問われるのは、まさに経営者の力量なのである。