「Fotolia」より

写真拡大

 BJ読者の皆さまはいま何歳ですか、そして皆さまにとって「懐かしい」とはどんな情景でしょうか。

 1970〜90年代、家庭の茶の間から学校の放課後。人それぞれ「懐かしい」は無数に存在すると思います。そんな膨大な「懐かしい」が集まるサイトがミドルエッジ。私たちの記憶をくすぐる「懐かしい」が圧倒的なボリュームで揃っています。

 そして数ある「懐かしい」の中から厳選した記事をお届けするのがこの連載。忙しい日常にちょっと一息、缶コーヒーでも飲むような気持でご覧になっていただけましたら幸いです。

 さて、今回はかつて存在した「ドライブインシアター」にスポットライトを当ててみました。

 日没から月明りの下、彼女と車中で2人、ドライブインシアターで映画を観ながらムーディーなデートを楽しんだ方もいることでしょう。

 かつては全国にあったドライブインシアターですが近年ではシネマコンプレックスがその役割を果たし、いまや現存するドライブインシアターはありません。

 けれど福山雅治の「DRIVE IN THEATERでくちづけを」なんて曲にもあるように、週末のドライブデートの締め括りにドライブインシアターを訪れ、2人きりの車中で目の前の巨大なスクリーンを見つめるというムーディーな時間と空間は、経験した人にとっては忘れ得ない思い出として残っているのではないでしょうか。

 映画の音声は車中でラジオ受信するか駐車場にあるポールから聴くという、現代からすれば実に貧弱な音響でしたけどね。

 そもそも1933年にアメリカニュージャージー州で開業したのが始まりだったドライブインシアターですが、家族連れやデートでの利用で人気を集めて瞬く間に全米に広がっていきます。50〜60年代には、アメリカやヨーロッパで自動車の普及とともにポピュラーな娯楽として広く親しまれました。

 しかしカラーテレビやビデオテープレコーダ、レンタルビデオなどが登場すると、広い土地が必要で夜間しか営業出来ず、雨天では上映中止に加えて冬の観客も少ないドライブインシアターは次第に下火となっていきました。

 かつてのドライブインシアターの跡地はいまも全米各地にありますが、商品を野積みする倉庫代わりになっているものもあれば、フリーマーケット用会場になっているものもあるようです。

 さて一方日本では? というと、千葉県船橋市のららぽーとにあったドライブインシアターが有名でしたよね。86年7月3日にTBS系歌番組『ザ・ベストテン』第8位に荻野目洋子がランクインした際に中継が行われたのもここでした。80年代には車社会の普及とともに全国に20カ所以上設置され、国内のドライブインシアターは90年頃にピークを迎えることとなりました。

 しかしその後はシネマコンプレックスの普及、そしてやはり夕方以降しか上映できないという物理的な制限、気象条件に左右される点やアイドリング・ストップの推進などから衰退していきました。最後まで営業していたのは神奈川県大磯町のドライブインシアターでしたが、これも10年10月11日をもって営業を終了。この時点で国内の常設ドライブシアターはすべて閉鎖となったのです。

 現代では郊外の大型ショッピングモールに併設されることが多いシネマコンプレックス。画質も音響も、当時のドライブインシアターとは比べ物にならない高品質です。ですが、現存しないことも相まって若かりし頃の思い出とともに多くの方の記憶に残っている施設。それがドライブインシアターなのかもしれませんね。

 なお近年、常設ではありませんが大磯ロングビーチなどでは年に数回のイベントとしてドライブインシアターが催されているようです。あの頃の懐かしさにもう一度触れてみたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 本題とは異なりますが、近年ではイベントとしての「ディスコ」も人気ですよね。目新しいところですと、東京スカイツリー展望台でのディスコイベントなど、装いも新たに楽しめるイベントのようです。

 80年代、当時の彼女とはどんな愛車でドライブデートしましたか? デートの締め括りはドライブインシアター、からの……??

 今回はそんなちょっと甘酸っぱい記憶が蘇る、ドライブインシアターにスポットライトを当ててみました。

 さて、この連載では次回以降も皆さまの脳裏に「懐かしい」が蘇りそうな記事を提供して参ります。「こんな記事は?」「あのネタは?」なんてお声も、ぜひお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。
(文・構成=ミドルエッジ)

【関連記事】
●プレリュード、ソアラ、シルビア・・・かつての「デートカー」を振り返る 〜あの頃、男たちはモテるために車を買った〜
(URL https://middle-edge.jp/articles/t0ogC )

●エッチ専用!? 走るラブホ【S-MX】のコピーは徹底した“恋愛仕様”だった
(URL https://middle-edge.jp/articles/I0000827 )

●死語かもしれない「カーナンパ」、懐かしいカーナンパのスポット憶えてますか?
(URL https://middle-edge.jp/articles/CDJFe )