アーセナル移籍破談のレマール「満足している」

写真拡大

『Independent』は1日、「モナコのフランス代表MFトマ・レマールは、移籍話が破談になって嬉しいと語った」と報じた。

今夏のマーケットでアーセナル、リヴァプールから関心を持たれていたレマール。モナコの中心選手となった21歳のテクニシャンは、ステップアップを選択するかと思われた。

しかし、最終的にはアーセナルから移籍金9200万ポンド(およそ126.9億円)という大きなオファーが来たものの、それを拒否してモナコに残ることを選択したとのこと。

それによってアレクシス・サンチェスのマンチェスター・シティ移籍がブロックされ、様々な取引に影響を与えたとも言われている。

彼は『Canal+』のインタビューに対して以下のように話し、モナコに残ることになって本当に嬉しいと語ったという。

トマ・レマール

「僕はモナコの選手だから、とても満足しているよ。

今、僕はこのクラブで良いシーズンを過ごすつもりだよ。成長するためにトライして、キャリアを前に進めていきたい。モナコに戻っていくよ。

いつものように試合の準備をしていく。浮ついたりはしないよ。移籍マーケットの最中でもね。

僕は自分の試合だけに集中している。これはすべて自分にとって重要なものなんだよ」