日本がオーストラリアを2-0で下し、6大会連続6度目となるW杯出場を決めた試合を、まずは簡単に振り返りたい。


オーストラリアを下してW杯出場を決めた日本だが...。photo by Masuda Yuichi

 日本は立ち上がりこそ、高い位置でボールを奪い、オーストラリアを押し込む展開に持ち込んだが、時間とともにオーストラリアがボールを保持する時間が長くなり、そのパスワークに後手を踏むようになった。

 前半41分に先制点、後半82分に追加点と、理想的な時間帯でゴールを重ねられたため、結果的に完勝という形にはなったが、内容的に見れば、日本が劣勢を強いられる時間も少なくなかった。特に日本が追加点を奪う前の15分ほどは、DF昌子源が「やられていてもおかしくなかった」と振り返るほどの猛攻にさらされた。

 日本はせっかく数的優位の局面を作ってもボールを奪い切れない。あるいはボールを奪っても次のパスを出すところがないため、仕方なく自分でボールを持ち出し、ボールタッチが大きくなって相手に奪われる。そんなシーンが目立った。

 何より結果が大事な試合だったため、とかく得点シーン以外の事象には寛容になってしまいがちだが、決して褒められた内容の試合ではなかったように思う。

 とはいえ、試合を見ていて本当に気になったのは、そこではない。目の前で対戦する両チームの、あまりに対照的な姿勢である。

 勝てばW杯出場が決まるこの試合、オーストラリアは徹底してパスをつないで攻撃を組み立てる姿勢を貫いていた。

 客観的に試合を見ている側からすれば、もっとシンプルに前線の長身選手目がけてロングボールを放り込んだほうが有効だろうに、と思えるほどだった。実際、日本の選手からも「(オーストラリアがつながずに)蹴ってきたほうが怖かった」という声は聞かれた。

 だが、彼らは決してそうはしなかった。お世辞にも器用には見えないGKやDFまでもが、日本のプレスを受け、ミスを連発し、危ういボールの奪われ方を何度犯してもなお、自分たちの目指すスタイルを変えなかった。

 なぜ、オーストラリアは抱える人材に照らしても適しているとは思えないスタイルを、ここまで貫いたのか。

「そういう(パスをつなぐ)サッカーをしたかった。この哲学のなかで解決策を見つけたかった。これを追求していきたい」とは、アンジェ・ポステコグルー監督の弁だが、オーストラリアは過去の経験から、アジアやオセアニアでは高さとパワーで相手をねじ伏せることができても、世界へと一歩足を踏み出せば、それでは通用しないことを身に染みて感じてきたのだろう。

 そんなオーストラリアの姿勢が、この試合に限ったことではないことは、MF長谷部誠の「”もしかしたら”蹴ってくるかもしれないと想定はしていたが、つないでくる可能性が高いと思っていた」というコメントからもよくわかる。昨年メルボルンで対戦したときもそうだったし、さらに言えば、それはナショナルチームだけのことでもない。近年のAFCチャンピオンズリーグを見ていても、オーストラリアのクラブは負けている状況の試合終盤でさえ、まったくと言っていいほど蹴らない。その愚直さは、はたから見ていて、もどかしくなるほどだ。

 こんなことを続けて、万一、W杯出場を逃すようなことにでもなれば、元も子もないようにも思えるが、それでも彼らは信じる道を突き進んでいる。

 翻(ひるがえ)って、日本はどうか。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の就任以後、日本代表が取り組んできたのは、徹底して相手のよさを封じるサッカーだ。

 まずは相手の長所を消して、ボールを奪うことを最優先事項とし、奪ったボールは手数をかけず、シンプルにどんどん前線へと送って縦に速く攻める。この試合でも、最前線のFW大迫勇也をターゲットに、再三ロングボールが蹴り込まれた。

 勝負という点では、オーストラリアより日本のほうがはるかに利口であり、融通が利いたと言える。勝ってW杯出場を決めたのは、日本のほうだ。2次予選、最終予選を通じ、もたつきも多々あったが、ハリルホジッチ監督は試合ごとに自らが信じる策を講じ、相応の結果を出したわけだ。

 だが、本当にこれでいいのだろうか。

 振り返れば、日本代表がブラジルW杯で惨敗したことで、日本サッカー協会は、サポーターは、そしてメディアは、思いのほか大きなショックを受けた(ように感じる)。そして、不意に襲ってきたショックはネガティブなエネルギーとなって、日本代表が志向してきたポゼッションサッカーへと向けられた。こんなサッカーを、スペインならともかく、日本ができるわけがない。土台無理があったんだ、と。

 ハリルホジッチ監督の招聘は、それまで高まり続けたポゼッション信仰の反動によるものだったと言ってもいい。

 実際、このフランス人指揮官は、とにかく日本人選手の弱点、つまり物足りない部分に目を向けた。フィジカル能力、1対1の強さ、戦う姿勢などなど。彼が目指すサッカーを実現するためには必要なものばかりなのだから、改善を求めるのは当然のことだった。

 もちろん、これらの要素はないよりあったほうがいいに決まっている。

 しかし、それはあくまでも長所を生かすことを大前提としたうえでの話であり、結果、日本人選手が本来持っていた武器が消え失せ、本質的には苦手な要素を前面に出して戦うようになってしまったのでは本末転倒。自ら進んで相手の土俵で試合をするようなものだ。それが、最終予選での苦戦の一因でもある。

 ハリルホジッチ監督がダメな監督だと言っているのではない。要はマッチングの問題である。水回りを直したいのに、電気屋を呼んでしまったら、それがいかに優秀な電気屋でも意味がない、という話だ。


日本の将来にとって、ハリルホジッチ監督は最善の指揮官なのか? photo by Yamazoe Toshio

 仮に日本協会が、将来的な目標として掲げるW杯優勝を実現するために、ブラジルW杯でベスト16に進出した、アルジェリアのようなフィジカル色の強い激しいサッカーが最善策だと本当に考えているなら、それでもいい。

 だが、今年5月のU-20W杯に出場したU-20日本代表を見ても、とてもそんな様子はうかがえない。彼らは明らかにポゼッションサッカーを志向していたし、チームを率いた内山篤監督も「ボールを動かし、相手を動かす」という言葉で、目指すサッカーを表現している。

 同じく今年10月にU-17W杯を控える、U-17日本代表にしても同様だ。彼らはGKも使いながらしっかりとパスをつないで攻撃を組み立てる、ポゼッションスタイルを高いレベルで構築している。

 これでは、彼ら年代別代表の選手がどんなに世界大会で成果を残しても、A代表には直結しない。今回のオーストラリア戦を見ても、中盤には山口蛍、井手口陽介、長谷部といった、ボール奪取に優れ、前方への推進力を生み出すタイプが並ぶ一方で、大島僚太、柏木陽介ら、技術に優れ、ボールを動かすことに長けたタイプは、日本代表から縁遠くなっている。

 もし、ポゼッションでは世界に通用しないと本気で考えるならば、年代別代表の段階から、もっとハリルホジッチ監督が求めるような要素を最優先に選手選考やチーム作りをすべきだし、A代表に準じたサッカーを志向すべきなのではないのか。

 はたして志向するサッカーを改めるべきなのは、年代別代表なのか、A代表なのか。やはりハリルホジッチ監督が日本代表を率いることには、ミスマッチの印象は拭えない。

 ひょっとすると、ポゼッションにこだわるよりも、ハリルホジッチ監督のやり方のほうが目先の結果(ロシアW杯での結果)は期待できるのかもしれない。ブラジルW杯よりも、南アフリカW杯のほうが成績がよかったように。

 だが、将来的に高い目標を掲げ、その実現を第一に考えるなら、急がば回れ。目先の結果にこだわることは得策でなく、それは単なる方針のブレでしかない。

 W杯出場が決まったことで、当然、本大会もハリルホジッチ監督で、というムードが試合直後から漂い、どうやらそれで確定したようだ。

 しかし、本当にそれでいいのだろうか。

 やっぱり日本にはポゼッションが向いている――。1年後、そんな大会検証結果を出すことになるくらいなら、今、しっかりと立ち止まって、進むべき道を判断すべきだ。

 無謀とすら表現していいオーストラリアの姿勢を一概に称賛することはできないが、それでもあのバカ正直なまでの愚直さは、ある意味でうらやましい。

 敵ながらあっぱれ、だと思う。

■サッカー代表記事一覧>>