ドイツ・ハンブルク近郊にあるXFELの国際研究施設で写真撮影に応じる(左から)オーラフ・ショルツ市長、ヨハンナ・ワンカ独教育研究相、ロベルト・ファイデンハンスル理事長(2017年9月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界で最も強力なX線レーザー、欧州XFEL(European XFEL)が1日、ドイツで稼働を開始した。原子やウイルスの内部構造、化学反応の動態などの解析に利用できるもので、微細な物質に関する新事実の解明につながると期待されている。

 欧州XFELは欧州で最先端に数えられる巨大プロジェクト。装置はドイツ北部ハンブルク(Hamburg)近郊のトウモロコシ畑や住宅地の地下38メートルに、全長3.4キロにわたって延びるトンネル内に設置されている。15億ユーロ(約2000億円)を投じ、8年かけて建設された。

 中核設備であるX線装置では、極めて強力なストロボライトを毎秒2万7000パルスという超高速で照射することで、これまで捉えられなかった物質の深部を観察・撮影したり、化学反応を可視化した「分子ムービー」を作製したりできる。

 施設管理機関のロベルト・ファイデンハンスル(Robert Feidenhans'l)理事長はAFPに、巨大なレーザーは「カメラや顕微鏡のようなもので、ナノレベルでより微細な物質の変化を観察できる」と述べた。

 世界中の研究チームがこのレーザーを使って、ウイルスを原子レベルで観察したり、細胞の分子組成の3D画像を作製したり、化学反応が起きている様子を撮影したりできる。

 落成式には、計画に関わった11か国の科学技術担当相らが出席。ドイツのヨハンナ・ワンカ(Johanna Wanka)教育研究相は「ミクロ、ナノの世界や原子や分子の世界を奥までのぞき込んで、これまで分からなかった物事、例えば、分子の化学反応などの研究も可能になった」とたたえた。
【翻訳編集】AFPBB News