W杯出場決定の瞬間、香川がベンチで秘めていた想い 「無理させたくないと言われていた」

写真拡大

オーストラリア戦翌日に想いを語る 「自分の信念を貫けるかを大事にしたい」

 日本代表MF香川真司(ドルトムント)は6月の国際親善試合シリア戦(1-1)で左肩を脱臼した影響もあり、6大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めた8月31日のオーストラリア戦のピッチに立つことはなかった。

 そして翌1日にはコンディションが万全でないことが考慮され、代表チームから途中離脱すると発表。日本代表の10番を背負うアタッカーにとっては悔しさが募る代表活動となったが、「自分が活躍するのは二の次」、「試合を勝ち切ることが何より重要だった」とフォア・ザ・チームの精神を前面に押し出していた。

「(本大会までの)この1年、あらためてW杯が決まって、どう迎えるかっていうのを、もう一度日々考えながらやっていきます」

 オーストラリアを2-0で破り、日本のW杯出場が決定した翌日、香川は本大会までの身の振り方について考えを巡らせていた。「(W杯で)どう活躍するかっていうのを見据えたなかで、この1年どう取り組んでいくのかがすごく大事。個人的な技術アップっていうのはあまり求めていなくて、どれだけ自分の信念や意志をレベルの高いところで貫けるかということを大事にしたい」と、今後への意気込みを明かしている。

 日本中が歓喜に沸いたオーストラリア戦は、出番なしに終わった。「もちろん自分が出て(W杯出場権を)取りたかったですけど」と語る一方で、「(左肩の)状態を含めて、90分最初から使いづらいというのは監督ならば誰もが思うこと」と自身のコンディションも踏まえて、バヒド・ハリルホジッチ監督の采配をしっかりと受け入れた。日本の背番号「10」はチームメイトのサポート役に回っても、W杯出場権獲得に対する執念は誰よりも強かった。

豪州戦のために「この2カ月やってきた」

「このためにこの2カ月やってきたし、短期的な目標としてはこの試合しか考えてなかった。だからこそ、試合出場をチーム(ドルトムント)に望んでいた。チームにはそこまで無理させたくないと言われていた。ただ、これが目標だった。結果としてこうなったことは、すごくプラスになる。W杯に行くことが目標だったので、自分が活躍するのは二の次だった」

 6月のシリア戦で左肩を負傷して以降、ドルトムントでも公式戦の出場は3試合のみ。出場時間はいずれも30分未満という状況だった。それでも、クラブからの無理してほしくないとの声を振り切り、日本代表の一員としてこの試合に挑むことを熱望していたという。

 ピッチで歓喜の瞬間を迎えることは叶わなかったが、「準備は十分していたので、あとは出る選手をどう盛り上げて、どう自信を与えて、チームとして一つの結果を取れるか」と、仲間たちを陰から支えた。「本当に昨日の試合は大事だったので、出ていない選手を含めてみんなで勝ち取れたと思います」と、一丸となって勝ち取った成果を誇っていた香川。W杯アジア予選のラストを飾る敵地サウジアラビア戦に帯同せず、ドイツに戻ることになったが、ハリルジャパンの一員として一つの目標を達成したアタッカーは来夏のロシアW杯に向けて、再びドルトムントでの熾烈な戦いの日々に身を投じる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

田口有史●写真 photo by Yukihito Taguchi