nowiseeが考え続けた“生きる意味”とプロジェクトの成果「無限ループのようでも楽しむことが大切」

写真拡大

 総セールス1500万枚を越える音楽業界の実力派クリエイターたちによって結成され、スマートフォンの専用アプリを通して月に1回MV配信を行なってきた正体不明の6人組メディアミックス型音楽プロジェクトnowisee(ノイズ)。彼らが結成当初からの予定だった2年間におよぶ「52Hz」プロジェクトを終えた。そして前半の12曲をまとめた昨年のCD『掌の戦争』に続いて、後半の13曲をまとめたCD作品『reALIVE』を完成させた。

 このnowiseeでは、音楽/映像/ノベル/コミック/ボイスドラマといった様々な要素が連動し、全25曲を通して“sea”という異世界に迷い込んだ人々の心の葛藤と、彼/彼女たちがそれぞれに生きる意味を見つけようともがく壮大なストーリーを展開。謎が謎を呼ぶ物語の行く末に加えて、何よりも楽曲と映像の高いクオリティによって話題を集めてきた。

 今回はプロジェクトのひとまずの完了を受けて、リーダーのMinimum Root(Gt)とStrange Octave(Vo)にインタビュー。彼らが過ごした2年間や、その中で豊かに広がっていった「nowisee」の物語について、そしてアルバム『reALIVE』についてじっくりと語ってもらった。(杉山仁)

・進めるうちに「nowisee像」が出来上がってきた(Minimum Root)

ーーついにプロジェクトの全曲配信が完了しましたね。ここまでの2年間、短かったと感じていますか? それとも長かったと感じていますか?

Strange Octave(以下、Octave):めちゃくちゃ短かったですね。ビックリしました。特に2年目は、だんだん制作する時間がなくなって、スケジュールが本当にギリギリだったので。

Minimum Root(以下、Root):最初に漠然とアイデアがあったのは5曲で、それも順番に出していったわけではなかったんですよ。だから、毎月新曲をリリースしていた感覚で。リリースまで3週間の時点でもまだ曲が全然出来ていなかったりして、最後の方はミックスをする日が音源の提出日の前日になったりもしていました。

ーー本当にギリギリの作業だったんですね。

Octave:最初から「2年」と決まっていたからできたんだと思いますね。ずっと続くプロジェクトだったら無理ですよ、きっと(笑)。

Root:それはメンバーが欠けていった可能性があるな……(笑)。

ーーそもそも、前半の12曲を『掌の戦争』としてCDにまとめた時点で、このプロジェクトにどんな可能性を感じましたか? 実際にはじめて分かったこともあったと思います。

Root:思っていた通りになったのは、ファンのみんなが必ず「8」が付く日の前日に「明日はnowiseeの日だ」とツイートしてくれたことですね。そうすると、まるで『週刊少年マガジン』や『週刊少年ジャンプ』のように日々の楽しみになる。それが実際にできるんだなと感じました。「これから楽しんでくれる人たちがもっと増えて、nowiseeの日がより大きなものになっていくと面白いだろうな」と、1年目はその可能性をすごく感じていました。

ーー実際にはじめてみて、「待ってくれている人の存在が見えた」ということですね。

Root:それはすごく大きかったと思います。そもそも僕らは、最初はどんな人たちがnowiseeを楽しんでくれているのか分からなかったですから。nowiseeは「バンドで人の人生を体現しよう」「24カ月という決められた時間で、人間の一生を表現しよう」という気持ちではじめたプロジェクトでもあるので、最初の一年目は人で言うと高校生くらいまでの感覚だったんですよ。可能性をいっぱい感じて、「この物語が映画になったら? アニメ化されたら?」と色んなことを想像して、伏線を広げていくような作業だったというか。

Octave:それに対して、「やりたいけどできないこと」や、「今やるべきこと」が具体的に見えてきたのが2年目でした。「これもやりたいけど、今やるべきことじゃないな」とか。

Root:プロジェクトを進めるうちに登場人物たちの人格が形成されて、「nowiseeってこうだよね」と自分たちの中での「nowisee像」が出来上がってきたんですよ。メンバーが6人いるにもかかわらず、まるで全員の頭がひとつになっていくような感覚でした。みんなの頭の中にnowiseeのイメージが出来上がって、共通理解が生まれていった。

Octave:「こんな曲がやりたい」と漠然としたものを伝えると、本当にそれを作ってきてくれる意思疎通があって、それができるメンバーで集まれたことはすごくよかったし、楽しかったです。「会いたい」のアレンジも「こんな曲で、メロディをこういう風にして……」とAdd Fat(Gt)にお願いして作ってもらったりして。あと、1年目の曲は思ったことをパッと書くことが多かったんですよ。でも2年目は色々考えることが増えて、その結果、1曲にかける時間がないにもかかわらず、余計にかけてしまう感じでした。

Root:毎月曲を出すにしても、「一年間で一個のアルバムを切り売りしましょう」という考えだったら、もっと楽だったと思うんですよ。そうすると序盤に山を持ってきて、途中に遊び曲を入れることもできるので。でも俺たちは一カ月で1曲の“シングル”をカットする形だったんで、1年で4年分のシングルを切らなくちゃいけなかった。考え尽くしたものをそれだけ打つとなると、2年目になるとアイデアもどんどんなくなってくる。歌詞を書くのは大変だったと思います。メンバーそれぞれに「nowiseeはこういうものだ」という理解があって、お互いにキャッチボールをしながら広げていった感じですね。

ーーバンド内でN次創作をしているような感じですね、ニュアンス的には。

Root&Octave:ああ!! そうそう!

Octave:nowiseeはあまりバンドメンバーで集まったりはしないんですよ。

Root:たぶん、日本で一番会わないバンド(笑)。それぞれが作業のために会うことはありますけど、一カ月の中で全員が揃うのはほぼ一回で、「こんなに会わないバンドってあるんだな」という感じですね。でも、それぞれがずっとnowiseeのことを考えていて。たとえば残酷tone(Artwork)も、新しく曲ができたらそればかり聴きながらずっと作業をするんで、考えるチャンネルが合ってくるという。そうすると、不思議なんですけどnowiseeの中で人間の体のパーツのようなものが割り振られていくんです。意見が違って時には揉めたりもするけれど、いい意味でちゃんと回答を出せるようになる。信頼があってこそですね。実際、自分が思っていたことを超えてくることが何度もあって、それはすごいなと思いました。

ーー楽曲とともに走り続けたノベルですが、ラストに向けてどんなことを考えていましたか?

Root:プロジェクトを進めている最中に登場人物それぞれの人格が出来上がって、勝手に喋り出してきて。ノベル・チームで話し合っている時も、「この人は絶対にこう言うでしょ」ということが出てきて、それがみんなの共通項になっていくんです。それに、「本当はここまで描きたかったけれど、わけが分からなくなるからやめよう」ということも沢山ありました。物語の行く末をコントロールしてあげなければいけないですから。

Octave:実際、ノベルの終わり方も色々変わりました。実は最初は、この物語は「希望はない」という方向性だったんですよ。「結局死んで、もう戻れないよ」という。

Root:そう。それに加筆して、色んな方向性のアイデアも生まれていきました。でも、実は残酷 toneの映像チームの中のひとりが実際にお父さんを亡くしていて、その彼が物語を読んで「希望がなさすぎて苦しい」と言っていたのを、残酷 toneが気にしていて。僕自身も同級生を含めて人が亡くなる経験を多くしてきたから、それに対して考えてきた人間ではありましたけど、その話をきいたときに「『救いはある』と思える逃げ場があったほうがいいかもしれない」と思ったんです。それで、物語の最後に残る2人を生かすことに決めました。「それぞれが大事なものを失ったけれど、でも、これからも未来があるよ」というエンディングに変わっていったんですよ。

ーーその変化には、毎月楽しみに待ってくれる人たちの存在も関係していたと思いますか?

Octave:そうですね。色々な意見を見て、励まされながらやってきたので。ときにはファンの方から「身内を亡くして、でもこの2年間nowiseeと一緒に生きてきました」というメールをもらうこともありました。「そういう風に思って聴いてくれていたんだな」って、今もそれを思い出すと泣きそうになりますね。そういうものに色々と刺激を受けたり、励まされたりして、私の歌い方もだんだん変わっていったような気がします。

・大事なのは「生きる意味を考えること」(Strange Octave)

ーーサウンド面でも、今回の『reALIVE』に収められた後半の13曲は、前半とは雰囲気が違ってきていますね。前半はドラムンベースやヘヴィなギターを使って、登場人物たちが異世界に巻き込まれていく混とんとした様子を描いていたものの、後半では物語に「異世界での日常」も生まれてくるからか、音楽性がどんどん変わっていった印象があります。

Root:音に関しては、それより「別のこともしてみたい」という気持ちがあったからだと思いますね。前半はドラムンベースをやり過ぎていたし(笑)。あと、12曲をまとめた『掌の戦争』のマスタリングで、Turtle 7th(Key)とChotto Unison(Ba)とAdd Fatは担当してくれたニューヨークSTERLING SOUNDのトム・コインのスタジオに行って、そこで経験したことを後に反映させたんですよ。キックのあるべき場所やマスタリングしてもらった時に感じた問題点を2年目に反映させていった。だから、後半の13曲からは分かりやすくキックの場所が変わりました。芯が低くワイドになった。ギターもアンプも変わりましたね。Chotto Unisonのベースはメンバーで試奏しに一緒に大阪まで行ったりもしました。たまたまインターネットで見つけた機材を「弾きに行こうぜ!」とAdd Fatが言い出して(笑)。

Octave:夜から朝まで曲を一緒に作って、その朝に急遽行くことになりました。私は家に送ってもらえると思って車に乗ったのに、「あれ、高速に乗ったぞ」と(笑)。

ーープロジェクトが進むに連れて、曲に合う音やこだわるポイントが分かってきた、と。後半の13曲の中で、特に印象に残っている楽曲はどれですか?

Octave:わたしは「不染汚(ふぜんな)」。この歌詞は何を書いても当てはまらなくて、これだけで3〜4カ月かけました。その結果、以降の曲が大変になってきて……。この曲の歌詞で煮詰まっている時、夜にRootにLINEをしたんですよ。そうしたら「葡萄食べる?」って返信が返ってきて。「食べる」と言ったら、残酷 toneと2人で家の近くまで来てくれて。

Root:その時は「不汚染」の制作準備をしながら、同時にモーションキャプチャーを使った「ヒューマノイド」のMV(物語内で人間が消えていく「拡散」状態の様子が描かれている)を撮っていたんですよ。その撮影が夜に終わって、 MVの作業をしながらOctaveとやりとりをしていたら、追い詰められていて「これはちょっとまずいな」と。それで帰りに残酷 toneを車に乗せて向かいました。「じゃあワインでも買いますか」と店に行って、食べ物を買って。

Octave:近くの公園で蚊に刺されながら喋りました(笑)。その時に「お前がもしやめたければ、やめてもいいよ」と言われて。でもそのとき、「やめたくない」と思ったんです。もともとやめたいとは思っていなかったけど、あの言葉はすごくありがたかったですね。

Root:残酷 toneもMVをいくつも作って、最後は過去のネタとの勝負になってきて。あれもこれもやったと悩んで、徐々にVコン(ビデオコンテ)を作る暇もなくなってきて。終盤は頭にあるものをそのまま具現化しないと間に合わなくなってきました。出来上がる寸前に残酷 toneの家に行って「最後を逆再生にしたらどうかな?」とか修正を頼んで、「え……!」ということもありました。自分でも、大変だとは分かっていたんですけどね(笑)。

Octave:個人的には、「不汚染」のMVは傑作だと思っているんですよ。

Root:あのMVでは「ザ・アニメーション」という動きを極力排除して、一枚一枚の強さを追求したと言っていました。

ーーアニメ的ではなく、 “MV的”にするということですね。

Root:そうです。物語に寄り添わせるMVであっても、見てくれる人にはMVならではの心地よさも伝えないといけないので。

ーー歌詞も、実は作品に完全に寄り添うものにはなっていないと思いました。後半は特に、曲を作っている人のメタな視点が入ってきたりもしています。

Octave:それは意識しました。Rootからも「完全にノベルに寄り添ってしまうと、お前が出なくなるから」と、ずっと言われていたんですよ。それで私は、ノベルのことは深くは考えないようにして、自分中心で書いていきました。

Root:Octaveは真面目で「ノベルのこの要素をきっちり考えよう」というタイプなんで、それだと逃げ場がなくなってネタが尽きてくる。でも、自分たちの中には既に「nowisee脳」のようなものができているわけだから、自由に発想して自分から出てきたものを加えても成立するんじゃないかと思ったんですよ。

Octave:歌詞は基本的に私の目線になっていますけど、「人の葛藤を書く」という意味でnowiseeの物語と繋がる部分を、残酷 toneがうまく見つけて映像で繋げてくれました。全曲思い入れがあるよね。

Root:うん、そうだね。

ーープロジェクト全体の中で重要な曲を挙げるなら、どれを選びますか?

Octave:それはやっぱり「reALIVE」ですね。この曲は候補がいくつかあって、最終的に「残った2曲を繋げれば成立できるから、2曲でひとつにしない?」という話になって。

ーーそれで「re」と「ALIVE」ができて、「reALIVE」にまとまった、と。

Octave:ただ、それがもう最後の配信まで一カ月を切っていたんですよ。だから、「今からは無理だよ」と思う反面「そっちの方が絶対面白いよね」という気持ちもあって……。

ーー「reALIVE」のMVには「氷の心臓」が出てきますね。これはアルバムのジャケットにもなっている通り、このプロジェクトにとって大切なモチーフのように思います。

Octave:「大事なものは儚くて壊れやすい」ということですよね。

Root:nowiseeを立ち上げる頃に話していたことが、形になるとこうなるんだろうな、と。

Octave:実は、最初はガラスかクリスタルの心臓を作ろうと言っていたんですよ。でも、それだと破壊しないと壊れない。それで最終的に「氷の心臓」のアイデアが出てきました。

Root:「時間が進むことによって自然に壊れていくもの」であることが重要だったんですよ。

ーーその雰囲気が、登場人物が自分の心を見つめ直していく物語の内容ともリンクしているわけですね。また、物語の結末が綺麗に答えが出るものではないことも印象的でした。失うものがあって、それでも「やっと気づく(Now I see:nowisee)」こともある、という。

Octave:そうですね。「生きる意味を問う」という壮大なテーマで進めていって、でも私自身もまだ答えは出せていなくて。結局、大事なのは「それを考えること」なのかな、と思うんです。これは残酷 toneが言っていたんですけど、「これからも考えていかなきゃな」と。

Root:たとえば、切羽詰まって苦しい時には水の味がどんなものか考えないけれど、何でもない水が「美味しい」と感じられることもある。葡萄を食べて美味しいなと思うこともそうで、そういう些細な積み重ねが、「生きる意味を問う」ことに繋がると思うんですよ。

Octave:同じ葡萄でも、誰かと一緒に食べたらもっと美味しいかもしれないし。

Root:寿命が尽きても事故で亡くなっても、この世から消えるタイミングを最初から知っている人はいなくて、僕は昔から人って、ずっと後悔しながらこの世から消えてきたんだと思う。だから、僕らが何より伝えたかったのは「生きる意味を見つける」「その答えを見つける」ことではなくて、ひとりの人間の人生のようにそれを求めて走り続けていく姿を、葛藤も含めて受け入れるということなんです。それが出来た人は、きっと自分の人生を好きになってくれるはずだから。

ーー今回のプロジェクトを通して、「自分たちの可能性」や「音楽の届け方」について改めて考えることもあったんじゃないですか?

Octave:そもそも、私は自分の声が最初から好きだったわけじゃないんですよ。でも、nowiseeをはじめて「いい声」だと言ってくれる人が増えて、自分の声の可能性を実感できたし、これからも面白いことがやりたいって思います。昔は自分が喋る声も嫌いだったので。

Root:nowiseeでやってきたことは思い描いているコンテンツの完成形ではまだないですが、たぶん、nowiseeに影響を受けた新しい世代の人たちが、ジャンルの垣根を超えて新しいものを生んでくれることもあると思うんです。これは僕らが諦めたということではなくて、僕らは今までやってきたことを活かしながら、また次の展開に行けたらいいなと思っていて。僕自身もそうですけど、色々なミュージシャンが誰かに影響を受けて、そこからまた色々な芽を出していく。誰かの花粉が自分に届いて、そこで開花をして、それに影響を受けた誰かがまた花を開花させていくーー。僕らが今回クロス・コンテンツの中で新しい形式に挑戦したことで、ここから新しいジャンルや流れができるといいなとは思っています。自分たち自身も得るものがたくさんあったし、苦労も分かったし。その上で、nowiseeという形が出来上がったら、次はそれをぶち壊していくのが僕らの課題でもあるので。

ーーnowiseeというプロジェクト自体がみなさんの色々な解釈によって広がっていって、そこでできたものが、音楽の届け方をより多くの人が考えるきっかけになれば嬉しい、と。

Root:「そうなればいいな」とは思います。「nowiseeは2年で終わってしまうんだ」と思って走ることで、僕らはやり残しはないかつねに考えてやってきて。でも結局最後まで、やってもやってもやり残しはあるんです。結局は今の積み重ねで、明日を信じてコツコツ続けていくしかない。無限ループのようでも、それを楽しむことが大切だということで。だって、苦痛なことでも、後で考えたら楽しかったことってたくさんあるじゃないですか? 学生の頃にすごく優しくて真面目だった先生よりも、やたらと怒る面倒くさい先生の方が久しぶりに会うと自分を覚えていてくれたりもする。何事もなく幸せで波風のない人生で本当の幸せを感じられるかと言ったら……そうではないと思うんです。この2年間「nowiseeの一生」を走り抜けることができたのも、色んなことを乗り越えたこのメンバーだからこそだし、スマートフォンがなければこの形自体ができなかった。自分たちには最高の自信になったし、いい曲を作り出すことについては、誰にも負けないという自負は持っていますよ。

ーーテクノロジーと音楽の融合についてはどんな可能性を感じますか? 今後VRなどを取り入れるアーティストも増えるでしょうし、他にも新たな技術は続々と出てきています。

Root:言っていいのか分からないですけど、実は2年前にnowiseeは一度VRをやっているんですよ。まだ今ほどVRが広まっていない時に、試験映像として、目を向ける方向によってアレンジの組み方が変わる映像を作りました。VRがより普及すれば、そういうものがもっと楽しめる環境が生まれると思います。ただ、それがVRの機器を購入しなければ楽しめないものだと、多くの人には伝わらない。「みんなが持っている何か」でそれができたら、一番面白いと思いますね。そもそもnowiseeも、「多くの人が持っているスマートフォンで展開するプロジェクト」だということが大事だったので。今はVRゴーグルにスマートフォンをセットしてVR体験ができる仕組みもありますが、それがもっと進化して、スマホをだけで体験できるようになれば、もっと面白いことができるとも思う。今VRのものを作って、誰もが楽しめるわけではない世界が生まれるのはもったいないと思うので。

ーー仮に技術的に可能でも、多くの人に開かれたものになることは重要ですよね。

Root:そうですね。もしAIがより普及したら、『52Hz』の登場人物全員にAIを入れても面白いかもしれない。「なんかチアキ、どんどんグレてるぞ」とか(笑)。それが簡単にできる時代はきっと来ると思うし、僕らもそういうことが面白いなという発想が原点になので、音楽の届け方の可能性についてはずっと考えています。だからこそ活動を25曲で終えた後、一度自分のツイートで「stay tune(こうご期待)」と書いたんですよ。つまり、今回のプロジェクトが終わった今でも、自分たちは新しい何かを考えるのをやめたわけではない。具体的に「これをやるぜ」ということは、その時が来れば、話せるんじゃないかと思っています。(取材・文=杉山仁)