インドの警察官が、大勢の命を背負って走り、人々の称賛を集めています。

命がけの走り

2017年8月25日、インドのチトラ村にある学校から、「不発弾らしきものが置かれている」との通報が警察にありました。

通報を受けて、学校に駆け付けた警察官のコンスティテイブ・アビシェーク・パテールさん。不発弾を見たパテールさんは、生徒400人の命が危険にさらされている恐ろしさを実感します。

パテールさんは、「予定より2時間早く学校を閉めて、子どもたちを遠くに避難させなさい」と学校関係者に伝えます。

しかし、「それだけでは安心できない」と思ったのでしょう。

パテールさんは「不発弾が突然爆発して人命がおびやかされるかもしれない」と考え、なんと、10圓良堡弾を手に抱えて走り出したのです!

パテールさんが走り出す瞬間が動画で残っています。

学校の近くには住宅もあったため、万が一を考えたパテールさんは、約1劼蘯請しました。

不発弾を持って走った理由を、パテールさんは、次のように語っています。

「私の唯一の目的は、可能な限り子どもたちや住宅街から、不発弾を遠く持ち去ることでした」

命がけで走ったパテールさんに対して「危険すぎる」といった批判的なコメントも届いているものの、それ以上に、パテールさんの勇気を讃えるコメントが届いています。

何て勇敢なんだ!パテールさんは間違いなく、英雄だよ。一瞬で吹き飛ぶかもしれない多くの命を守るのに、迷ってなんかいられないものだよ。

不発弾は、後に村近くにある軍の射撃場に移されたそう。

そして、不発弾を誰が、何の目的で学校の近くに置いたのか、調査されているとのことです。

もしも計画的なもので、不発弾に仕掛けが施されていたら、爆弾処理班が到着する前に、大惨事になっていたかもしれません。

パテールさんの判断は必ずしも正解とはいえませんが、人々を守ろうとした、その姿に胸が熱くなります。

[文・構成/grape編集部]