ジルー、エヴァートン移籍を希望していた…破談の理由が意外なところから暴露

写真拡大

『Daily Star』は31日、「ストーク・シティのMFチャーリー・アダムは、オリヴィエ・ジルーがエヴァートン移籍を希望していたことを明かした」と報じた。

昨季アーセナルでレギュラーポジションを失ったフランス代表FWオリヴィエ・ジルー。今夏は退団の可能性が高いと言われていた。

ウェストハム・ユナイテッドやエヴァートンが彼の獲得に乗り出していたが、ジルーはアーセナルへの残留を表明している。

しかしチャーリー・アダムがラジオ番組で話したところによれば、ジルーはほぼエヴァートン移籍を決めていたという。

チャーリー・アダム

「聞いたところによれば、取引が破談になったのは妻が理由だと。

あの取引はほぼ決まりかけていたよ。彼はエヴァートンに来たがっていた。

しかし、彼のガールフレンドか妻が、それを拒否したと聞いているよ」

ジルーはアレクサンドル・ラカゼットが加入してからずっと退団を希望していたものの、家族の反対がネックになったというのだ。

エヴァートンは結局最終日にクロアチア代表FWニコラ・ヴラジッチを獲得することを決めており、それに1000万ポンド(およそ13.8億円)を投じている。