『ブラッククローバー』12巻(田畠裕基/集英社)

写真拡大 (全2枚)

 2017年8月28日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』39号の巻頭カラーページで、アニメ「ブラッククローバー」の追加キャストを紹介。新たな声優の発表にファンから「楽しみが増えた!」「アニメブラクロがますます豪華になっていく」と大きな反響が起きている。

 同号では、クローバー王国で魔法騎士団トップを貫く「金色の夜明け」の声優キャストを設定画とともに公開。既に発表されていたユノ役・島崎信長(※崎は正しくはたちさき)とともに、「金色の夜明け」団長で魔法属性“世界樹”のウィリアム・ヴァンジャンス(小野大輔)、“植物”のミモザ・ヴァーミリオン(西明日香)、“鋼”のクラウス・リュネット(寺島拓篤)の3人が新たに紹介されている。

 発表に合わせ、キャストそれぞれのコメントも掲載。小野は「ヴァンジャンスという存在は、一演者として見ても一読者として見てもとても魅力的。その魅力に寄り添えるようにしっかり演じていきたいと思っております」と語り、西も「皆さんに植物のような癒しを与えられるような演技をしたいと思います」と意気込みを示した。寺島はオーディションをきっかけに原作を読み始めたことを告白。「こんなに面白い漫画を読んでなかった自分を、アスタにぶん殴ってほしいです」とユーモアも織り交ぜながら「魂のこもった原作のライバルになれるように、アニメも頑張ります!」と語った。

 豪華キャストが続々と発表されていくアニメ情報にファンは大興奮。「小野さんがブラクロに合流したーーー!」「西ちゃんブラクロに出るんだ! これは嬉しい〜」「声優豪華すぎじゃない? めっちゃ気合入っててヤバくない?」「大好きなマンガに大好きな声優が出るという、超俺得なアニメ化じゃないですか」「島崎さんに加えて小野さんに西さん、寺島さんだなんて金色の夜明けチーム最強すぎだろ!!」といった声が続出している。

 また同じページで放送開始日が2017年10月3日(火)に決まったことも発表。続々と新着情報が発表され、放送日時が決まったことでファンの期待はますます上昇しているようだ。