「着心地の良さ」が仕事に与えるメリット

写真拡大 (全2枚)

大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表、猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。

地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を創造していると言っても過言ではない。そんな2人が、幼少期の原体験から、多忙を極める経営者の仕事術、時代に名を刻む壮大な夢まで、本音を語り合った。4回の連載を通して、その奇抜な思考回路を読み解いていく。(第1回/第2回)

──お二人とも忙しい毎日をお過ごしだと思いますが、通常の1日のスケジュールは?

猪子:昨日の分の仕事が終わったのは、朝の8時でした。

橋本:今朝!?

猪子:どうしても今朝までにコンセプトの紹介文を仕上げないといけなくて。書き始めたのが深夜2時頃で、6時間近くかかって8時になった。橋本さんは何時に仕事終わったの?

橋本:僕はいつも、夜7時までには帰宅してます。仕事が嫌いなので。…いや、嫌いっていうわけじゃないか。やることがない、かな。

猪子:あるよ! デザイナーでしょ(笑)

橋本:うーん、僕の仕事はデザインを決めることだけど、日ごろから常に考えているからだいたいすぐに答えが出るし……。だから定時に終わって、家族で夕食を食べて、子どもを寝かしつけて、9時から11時くらいまでニュースを見たり本を読んだりしています。好きなジャンルはフィクションで、好きな作家は村上春樹。

猪子:朝は?

橋本:朝も結構早いですよ。自分で朝食をつくって、会社行く前に運動し、朝9時に出勤。逆に猪子さんは、なんでそんなに遅くなるんですか? コンセプトの紹介文、猪子さんが口頭で説明して、あとは社員に任せたほうがいいんじゃない?

猪子:いや、口頭で伝えるにしても、言語化するにはすごく時間がかかるんですよ。だからしゃべってって言われてもしゃべれないっていうか……何か企画をするときって、非言語の領域で進んでいくんですよね。それがある程度形になってきたところで、「この展覧会はこういうものです」って言語化している。

橋本:自分の考えをまとめるために文章にしているんですか?

猪子:いや、自分のためではなくて、ニッチな層に向けて書いているんです。国際的に活動しているアートピープルに。そういうマニアックな世界では作品の裏側にどんな思想があるのか問われるんですよ。だから朝までかかるとしても、書いています。

──猪子さんは出張で飛行機に移動する際、特にジュンハシモトのスーツを愛用されていると聞きました。どんなところに良さを感じますか?

猪子:身体的なところです。着たときのフィット感。正直ね、ECサイトで商品画像を眺めるだけでは、橋本さんの服の良さは全然わからないんですよ。ごく普通。わかりやすいロゴがついているわけじゃないし。量販店のスーツと何が違うの? なんで値段が1桁違うの? って感じ(笑)。

橋本:今日猪子さんが着ているうちのスーツも、遠くから見れば普通ですからね。よく見るとカモフラージュ柄なんですけど。

猪子:そう。で、実際に着てみると初めて自分の体にフィットするのがわかるんですよ。立体的なシルエットが美しくて、かっこよく見える。しかもシワにならない! これ着たまま飛行機で熟睡して、起きたらそのまま仕事に行けるんですよ。超ちゃんとして見える!

橋本:ウールのスーツを着て寝るわけにはいかないからね。

猪子:そうなの。でも橋本さんのスーツはジャージ感覚で着られる。なんなら部屋着や寝間着より着心地がよくて、ぐっすり眠れる。本当に。僕は病的に出張が多くて、3日連続寝るのは機内っていう日もあるんです。飛行機降りたら空港でメディアが待っていたり、現場から現場へ飛んでお客様に会って、またすぐ飛行機で戻ったり。だから機内で着心地のいいスーツを着て熟睡できるって、本当にありがたいんです。



橋本:このスーツはよく伸びる生地を使っているんです。これ、メンズ服の世界の生地じゃないんですよ。おばちゃんの服の生地なんです。おばちゃん御用達のメーカーから生地を卸しているから、伸びが異常にいいんですよね。そこに、光の加減によって見えるカモフラージュ柄を入れて、男っぽくしたんです。だから伸びるうえに、他のメンズ服とは絶対に被らないんですよ。おばちゃん服の生地メーカーと取引しているブランドは他にないから。

猪子:カモフラージュ柄は、別にどっちでもいいんだけど…。

橋本:これが大事なんですよ! 店でもよく「無地のほうがいい」って言われるんですけど、カモフラージュ柄を入れないと、おばさんっぽい雰囲気が一気に出てきちゃうから。もしくは体育の先生(笑)。

猪子:なるほど! すみません、素人が出すぎた真似を(笑)。

──橋本さんは、なぜ着心地にこだわって服を作っているのでしょうか?

橋本:僕は学校に通って一から服の勉強をしたわけじゃないので、服を平面的な物として捉えていないんです。着ている状態でしか考えない。だから着心地がどうとか、どこをどんなふうに詰めたらかっこよく見えるか、っていうことを一番に考えられるんです。

猪子:そこが他のブランドとは違うんですね。でも、一般的な人はそこまで着心地の良さを求めないですよね? スーツ着て寝るわけじゃないし。

橋本:確かに、スーツを着て寝る人はそんなにいないけど。でも着心地のいい服には、広告的な効果があるんですよ。服は、繰り返し着てもらうことが大事なんです。例えば猪子さんに3回会うとする。3回とも同じ服を着ていたら、3回目に聞くと思うんですよ。「なんなん? そのスーツ」って。

猪子:うん、気になるから。しかも僕の場合、本当に毎回同じ服着てる(笑)。

橋本:そう聞かれたときに服の紹介をしてもらえると、相手の脳にジュンハシモトがインプットされますよね。で、どこか他の場所で見つけたときに「あ、猪子さんの言ってた服だ!」って思い出す。そういうサイクルが大事なんです。普通に広告を打つより、人と人が連鎖しているほうが絶対に記憶に残る。

猪子:僕なんて気に入りすぎて、毎日のように着てますからね。もはや労働着(笑)。パンツは3か月で2本買いましたもん。

橋本:ちなみに今日猪子さんが履いているパンツは、世界に1つしかないんですよ。ポケットが開いていると小銭が落ちちゃうって言うから、特注でファスナーを付けたんです!

猪子:違う違う! 小銭じゃなくて鍵! 1回落とすとトラウマになっちゃうんですよ。

橋本:あ、鍵か。着心地を考えると、どうしても表面がツルツルしちゃうんですよね。

猪子:まぁ、鍵の話は置いといて…。世界に目を向ければ、橋本さんの服を求めている人はもっと大勢いると思いますよ。飛行機でとにかくよく眠れて、すぐ現場に行けて、メディアに写真を撮られてもよくて、スポンサーに会っても失礼じゃない。こんなスーツは他にないから。[第4回に続く]

猪子寿之/チームラボ代表◎1977年生まれ。2001年東京大学計数工学科卒業時にチームラボ設立。チームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。https://www.teamlab.art/jp/

橋本淳/ジュンハシモト デザイナー◎1992年、地元徳島のセレクトショップでインポートや古着を仕入、販売。1996年、レクレルール日本一号店にてバイヤーを務める。2000年、単身イタリアに渡り、伊ブランド「カルペ ディエム」を運営する会社初の外国人スタッフとし、営業・企画に携わりながら、服作りを学ぶ。2003年、同ブランド代理店を設立するため帰国。翌年、ショールーム「wjk」を設立。2008年、自身のブランド「ジュンハシモト」をスタート。