FWムニル・エル・ハダディは、バルセロナを離れ、1シーズンの期限付き移籍でアラベスに加入する。

 昨シーズン、バレンシアでプレーしたムニルは、33試合に出場し、6ゴールをマーク。同クラブが買取オプションを行使すると考えられていたが、最終的にバルセロナに復帰する。しかし、同選手は今夏からバルセロナの指揮官を務めるエルネスト・バルベルデ監督の構想には入っておらず、いくつかのクラブが獲得に名乗りを上げていた。

 中でもアヤックス、ローマ、ゼニトはムニルの獲得を強く希望していてが、元バルセロナのFWボージャン・クルキッチをストーク・シティから獲得したアラベスが移籍市場最終日に22歳のスペイン人FWの加入を発表している。

 なお、ムニルは9月10日にアウェーで行われるセルタ戦でデビューする見通しになっているようだ。


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集