「ベルシュカ」2017年秋冬シーズン展示会の様子

写真拡大

 「ベルシュカ(Bershka)」が、渋谷の旗艦店を9月15日にリニューアルオープンする。渋谷店の象徴でもあったガラス張りのファサードは、最上階から吊るされたチェーンで覆われ、従来の店舗とは全く異なった外観に生まれ変わるという。また、オープン同日には公式オンラインストアが開設される。
 リニューアルオープン後の渋谷店は、2015年秋冬シーズンから全世界の新店舗で導入が開始された新コンセプト「STAGE」を取り入れた都会的な内装に一新。音楽やコンサート会場のバックステージから着想を得た店内は、打ち放しコンクリートやローウッドの壁、天井から吊るされたライトやスピーカーを取り入れた開放感のある内装に仕上げられる。
 4フロアにわたる約700平米の店内には「Bershka」「BSK」「Man」といった3つのラインが並ぶ。また、今回から新たにウィメンズとメンズそれぞれのアクセサリーエリアが設けられる。
 ベルシュカは、インディテックスが1998年に設立。現在、75カ国に1,081店舗を構え、インディテックス社の中では「ザラ(ZARA)」に次ぐセールスの主要ブランドに成長した。ファッションだけではなく、音楽やカルチャー、SNS などの最新テクノロジーに関心の高い若者をメインターゲットとしている。