大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

2回戦を辛勝、試合後会見の天然ぶりに大注目「…というコマーシャル知ってます?」

 テニスの全米オープンで、世界ランク45位の大坂なおみ(日清食品)は前回女王から大金星を挙げるなど、快進撃を演じている。現地でも大きな注目を集めている19歳だが、米メディアでは2回戦に苦戦した不思議すぎる理由に大注目。「抱腹絶倒」と大ウケしている。

 パワフルなテニスと天然なキャラクターで、大坂はアメリカで爆発的に人気を高めている。1回戦で前回女王の世界ランク6位アンゲリク・ケルバー(ドイツ)を撃破したことでも大きく特集された大坂だが、米紙「USAトゥデー」電子版は、愉快な発言に注目した。

「ナオミ・オオサカはUSオープンで彼女の心がここにあらずの時、いったい何が起きたのか抱腹絶倒の説明をする」と特集。クローズアップされたのは、2-1で辛勝した2回戦のデニサ・アレルトバ戦(チェコ)後の記者会見だった。

「あなたは試合中に心がここにあらずになったと話していましたが、それではどこに行ってしまったのでしょうか?」

 記事によると、ストレート勝ちで圧巻のケルバー戦と対照的に世界ランク90位を相手に集中力を欠いた戦いになった大坂には、こんな質問が飛んだ。すると、大坂はなんとも理解しがたい“謎発言”を返した。

想像を遥かに超えていた“謎発言”「なんでこんなことを考え続けるのかしら」

「なんてことなの。練習中もそうだったの。練習中にずっと……。もし、あなたやあなたの愛する人間が中皮腫と診断されてしまったら、というコマーシャルを知ってます? 練習中にこのことばかり考えていたの。なんでこんなことを考え続けるのかしら、という感じだったの」

 大坂の集中力欠如の理由は想像を遥かに超えていた。アスベストなどで引き起こされる病気の危険性を啓発するテレビCMを思い出し、なぜか心を奪われてしまったという。

「セットの合間も女性がフィールドを走り回るコマーシャルのように見えていたの。本当にいい練習だった。でも、心はここになかった。体が勝手に動いていた感じね。変な1日だったわ」

 19歳のシンデレラガールの不思議な世界に、米メディアもさらなる興味をかき立てられた様子だった。

 ファンから「ベイビー・セレーナ」「リトル・セレーナ」と呼ぶなど、女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)の後継者としても期待を集めているが、実力だけでなく独特なキャラクターも注目を集める要因となりそうだ。