妻が作ってくれる愛妻弁当。「今日は何かな」なんてワクワクしながらフタをあけると…。

センスがよすぎる!

そう思わずにはいられない、あや(@kubotatcj)さんの80年代洋楽ヒットソングをテーマにした『ダジャレ弁当』が話題を呼んでいます。

ディスコ世代にどんぴしゃ

ディスコサウンドが一世を風靡した、80年代の洋楽シーン。あやさんの『選曲』は、誰もが1度は聴いたことがあるであろう、懐かしの曲ばかり!

それでは早速、ダジャレに突っ込めるか挑戦してみてください。

バグルスの『ラジオスターのひじき(悲劇)』は、ご飯のお供にぴったり。

イギリスのバンド、カルチャー・クラブを代表する1曲『カニカーマ(カーマ)は気まぐれ』。分かった瞬間「ふふっ」と笑みがこぼれてしまいます!

一発でナスだと分かる、『ヴィーナス』は、1986年にリリースされたバナナラマのヒットソング。日本でもCMソングとして有名ですよね。

ザ・ポリスの『見つめてい(たい)』は、鯛のお頭を使った豪華なお弁当に。

あやさんのセンスと愛がつめこまれた力作に、多くの人が感心。称賛のコメントが多数寄せられています。

食べておいしい、見て楽しい。旦那さんがうらやましいです!素晴らしい!感動しちゃいました。「カニカーマ」と発想できるセンスが素敵。

おかず部分も具沢山で、ボリュームもバッチリなあやさんのお弁当。「今日は、なんの曲かな」とお昼の時間が、より一層楽しいものになりそうです。

[文・構成/grape編集部]