ライブ写真はこちら

超特急

Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017 「Trans NIPPON Express」

2017年8月8日@国際フォーラム ホールA


超特急の全国ツアー『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017 「Trans NIPPON Express」』最終日。超特急史上最長となり、6月には追加公演として初の日本武道館ワンマンも成功させた今回のツアーを振り返る。


TEXT BY フジジュン




オープニングではステージ奥のLEDビジョンに号車順にメンバーの紹介映像が映り、それぞれがソロダンスで自己紹介。自信溢れる表情で堂々としたステージングを見せる7人。


広いステージに7人が揃うと8号車(=超特急ファン)から悲鳴のような歓声が上がり、「We Can Do It!」でライブが幕を開ける。「Believe×Believe」「No.1」と人気曲が続き、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)が「バカ騒ぎしようぜ!」と煽ると「Burn!」のお馴染みジャンプに会場が揺れ、早くもクライマックスのような盛り上がり。



タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)

タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)が「今日(8月8日)は8号車の日。お前らのことしか考えてねぇから!」と叫んだ「Superstar」、ツアーを経て立派な代表曲となった「超ネバギバDANCE」を見て、「超特急、たくましくなったなぁ」と実感する。



タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)

続いて「夏、楽しんでる?」とユーキがいたずらな表情を見せて「Summer Love」を披露すると、「Pretty Girl」から怒涛の“30minutes 超FINALメドレー”がスタート。



武道館でも披露した30分メドレーは、コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)の「Shake body」、タカシ、カイ、タクヤ、ユースケの「panipani」など、メンバーが次々入れ替わるめくるめく展開に8号車も序盤から大興奮。



リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)


ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)

タカシが「refrain」、コーイチが「STYLE」のソロボーカルで美声を聴かせると、ダンサーチームもソロダンスで魅了。メドレーが進むほどに、会場の熱気も高まっていく。



コーイチ(1号車、BACK VOCAL、お父さん担当)

「ikki!!!!!i!!」〜「POLICEMEN]では、悪代官に扮して客席を逃げ回るユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)を、警察姿のカイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、タクヤ、ユーキが追いかける“逃走中”風の寸劇も。



8号車も巻き込む大騒ぎの末、ユースケを追い払ったのは恋人役のリョウガ。ひとり残った女装姿のリョウガがカツラを脱ぎ捨て、「Beautiful Chaser」で妖艶なソロを見せると、メドレーはクライマックスへ。



ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)


カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)

メドレーのラスト「走れ!!!! 超特急」に8号車が掛け声を合わせて沸くなか、間髪入れずに披露したのは最新曲「My Buddy」。キュートな振りつけや表情に「かわいい!」の声が上がりながら、8号車も振りを合わせ、幸せな空気が充満する。



ラストは「fanfare」でツアーの充実を感じる各地での7人の笑顔がビジョンに映し出され、「最高の旅になりました」とリョウガが告げて始まった「gr8est journey」で、幸福と希望に満ちながら、本編の幕が閉じた。



アンコールでは「これからも人生と言う名の旅を8号車のみんなと謳歌したい」とリョウガがリーダーらしい挨拶をしたと思うと、「HOPE STEP JUMP」で広い会場を遊び場のように、笑顔で無邪気に駆け回る。



さらに「まだ遊び足りないよね?」と再び登場したダブルアンコール「超えてアバンチュール」では、歌やダンスもそっちのけで8号車と声を出し、体を動かして、最高に楽しい雰囲気のままツアーの全行程を終了。



終演後、ツアーファイナルの感慨深さや湿っぽさもなく、「あ〜、楽しかった!」と素直な感想が漏れたこの日。長いツアーを経て、グループの絆や結束もより深まり、互いを信頼しあえているからこそ、彼らは今、ステージを思い切り楽しめてるし、その楽しさが8号車にもしっかり伝わってきたのだろう。


さらに個々が自信とたくましさを増したことで、グループとしてより大きくなった印象を受けたのもこの日の感想。今の彼らに怖いものはない。








SETLIST


01.We Can Do It!

02.Believe×Believe

03.No.1

04.Burn!

05.Superstar

06.超ネバギバDANCE

07.DJ Dominator

08.Summer love

09.One Life

10.30minutes 超FINALメドレー

a.Pretty Girl

b.What’s going on?

c.Seventh Heaven

d.Shake body

e.panipani

f.refrain

g.Turn Up

h.ライオンライフ

i.Star Gear

j.SURVIVOR

k.LIBIDO

l.COMP!!COMP!!COMP!!

m.STYLE

n.Beasty Spider

o.Billion Beats

p.Drive on week

q.ikki!!!!!i!!→POLICEMEN

r.Beautiful Chaser

s.EBiDAY EBiNAI

t.Secret Express

u.走れ!!!!超特急

11.My Buddy

12.Yell

13.バッタマン

14.fanfare

15.Kiss Me Baby

16.OVER DRIVE

17.gr8est journey

[ENCORE1]

01.PAPAPAPA JUMPERS

02.HOPE STEP JUMP

[ENCORE2]

超えてアバンチュール



ライブ情報


BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning

12/24(日)千葉・幕張メッセイベントホール

12/25(月)千葉・幕張メッセイベントホール

12/27(水)神奈川・横浜アリーナ

12/30(土)愛知・日本ガイシホール

[2018年]

01/06(土)大阪・大阪城ホール

詳細はこちら



リリース情報


2017.09.20 ON SALE

Blu-ray『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』

SDR