犬が偏食犬になってしまう原因

愛犬が偏食犬になってしまわないように気をつけるべき事を確認する前に、まずは偏食犬になってしまう原因は何なのかを見ていきましょう。飼い主さん自身の行動に原因がある事が多いです。心当たりはありませんか?

原因.疋奪哀奸璽匹梁紊錣蠅砲やつを与えてしまう

最初はしっかりドッグフードを食べてくれていた犬も、おやつを与えてしまうと「ドッグフードより美味しい物がこの世にあるんだ!」というようにしっかり覚えてしまいます。

おやつをあげる事自体は悪い事では無いのですが、次第におやつが欲しいためにドッグフードを食べなくなる悪賢い子も中にはいます。その時の飼い主さんの行動が偏食犬となる原因を作ってしまっている可能性があるのです。

「ドッグフード食べないから、何かあげないと…おやつなら食べるかな?」とドッグフードの代わりにおやつを与えてしまった経験はありませんか?

この行為を何度も繰り返してしまう事で「ドッグフードを食べなければ、もっと美味しいおやつが出てくる」と間違って理解してしまうため、偏食犬になってしまう原因となります。

原因△やつを与えすぎている

ドッグフードの代わりとしてあげてはいないけれど、普段からおやつを頻繁にあげている場合には、おやつの与えすぎになっている可能性があります。

人間も美味しい物を食べれば食べるほど、以前食べていた1ランク下の物を食べなくなってしまう癖が付きますよね。犬も同じです。

ドッグフードよりも味が濃く、美味しいおやつをたくさん食べれば食べるほど、徐々にドッグフードを食べなくなり、最終的には先ほどご紹介したように「ドッグフードじゃなくておやつが食べたい!」というわがままな子になってしまいます。

また、おやつを与えすぎてしまうと、おやつだけで満腹になってしまい、ドッグフードが食べられなくなってしまう恐れがあります。これも偏食の原因になりやすいので、適切な量のおやつを与えるようにしましょう。

原因ドッグフードを頻繁に変えてしまう

基本的にドッグフードはあまり変えない方が良いとされていますが、「愛犬には良いドッグフードを与えたい」という熱心な思いから頻繁にドッグフードを変えてしまうという方もいらっしゃいます。

ドッグフードを変えるという事は、多くの場合、前の物よりも美味しい物を、という気持ちで選んでいるでしょう。

愛犬を想う飼い主さんの気持ちもわかりますが、あまり変えすぎてしまうと徐々に高い物しか食べない、美味しい物しか食べないという偏食犬へとなってしまう恐れがありますので、注意が必要です。

もちろん、アレルギー体質の子に対して、アレルギー食品の入っていないドッグフードに変えてあげるという方も多いと思います。その場合には医師のアドバイスに従って、徐々に変えてあげましょう。

偏食犬にさせないために気をつけるべきこと

ここまで偏食犬になってしまう原因を3つご紹介してまいりました。偏食犬になってしまうと、病気になり入院する事になってしまった際、病院で与えられるドッグフードを食べる事ができず、順調に回復できないという事態が起こり得ます。

そのため、「もしかしてうちの子、偏食犬かも?」と少しでも思った方は、今日から愛犬の偏食を治すために、以下の「偏食犬にならないために気をつけるべきこと」を実践していきましょう。

.疋薀ぅ奸璽匹鬟瓮ぅ鵑罵燭┐

まずはおやつをあまり与えず、ドッグフードをメインに与えるようにしましょう。特にドッグフードの中でもドライフードを選んで与えるようにしてください。

最近では、様々なドッグフードが販売されており、中には缶詰や半生の美味しいドッグフードもありますが、偏食を治すためには、濃い味の物などは避けるように努力しましょう。

急に缶詰などの嗜好性の高いドッグフードからドライフードに変えてしまうと食べなくなる恐れがありますので、最初は今まで食べていた物と新しいドライフードを混ぜた状態で与えましょう。

⊃べなくても他の物は与えない

こちらは飼い主さん自身の我慢が必要となる対策法です。今までは「ドッグフードを食べないから、おやつをあげよう」とおやつを与えてしまっていたという方は、今後一切止めましょう。

これは「ドッグフードを食べなければ、おやつは出てこないんだよ」という正しい理解を促すためです。飼い主さんがおやつを与えなければ、当たり前ですが犬はおやつを食べる事はできません。そうすることで、おやつに対する間違った考えを少しずつですが正していきましょう。

もちろん、ごはんの時間以外もおやつの与えすぎはいけません。1日に与えて良いおやつの適量は、目安として1日に与える食べ物の1割程度を基準に与えるように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょう。近年、犬用の食べ物も種類が豊富ですので、飼い主としては様々な物を食べさせてあげたいと思ってしまいがちです。しかし、人間と同様に偏食犬になってしまわないよう、しっかり管理をしてあげる事も飼い主の重要な役目です。

偏食というのは健康にも悪影響を及ぼしますので、少しでも思い当たる節のある家は今すぐ対策しましょう。