ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は記者会見でW杯に向けた「第3段階」に入ったと述べた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ハリルジャパンは「第3段階」へ。サウジ戦のテーマは?

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、先月31日のオーストラリア戦で来年行われるロシアW杯の出場権を獲得した。アジア最終予選はあと1試合残されているが、それをただの消化試合にしてはならない。未来への第1歩目として、新しいことを試す、あるいは既にあるものの完成度を高めるために重要な一戦となる。(取材・文:元川悦子)

--

「これから2018年ロシアW杯に向けて第3段階に入っていく」

 8月31日のロシアW杯アジア最終予選、天王山・オーストラリア戦(埼玉)を浅野拓磨(シュトゥットガルト)と井手口陽介(G大阪)のゴールで2-0で勝利し、6大会連続世界切符を獲得した翌朝。さいたま市内でトレーニングを行ったヴァイッド・ハリルホジッチ監督は円陣を組むや否や、こう宣言した。

「昨夜第2段階が終わり、今日から第3段階に入ったが、W杯への準備というのは最も難しい。大会の3週間前に始めるのではなく、ずっと前から始めないといけない。チームの意欲をより大きくし、勇敢に戦えるようにしたい」と指揮官は夕方の記者会見でも説明していたが、この日が本番への新たなスタートになったのは紛れもない事実だ。

 前夜の大一番を欠場した香川真司(ドルトムント)が左肩の状態を考慮して離脱を余儀なくされ、キャプテンの長谷部誠もチームを離れることになったが、それ以外の25人にとって次なる戦いは5日のサウジアラビア戦だ。

 すでに予選突破している日本にとっては消化試合だが、目下グループBで2位のサウジアラビアにとっては勝って自力でW杯出場権をつかみ取るべき重要な一戦だ。日中は気温40度近い酷暑となる敵地・ジェッダで、彼らは凄まじい勢いで向かってくるはず。そんな本気モードの中、次のステップに踏み出した日本に何ができるのかは非常に重要なテーマと言っていい。

 ハリルホジッチ監督はケガからの急激すぎる復帰によってダメージを受けている大迫勇也(ケルン)や、最終予選全試合出場の吉田麻也(サウサンプトン)、経験豊富な川島永嗣(メス)、長友佑都(インテル)らをスタメンから外すかもしれない。つまり、今回の日本は若手抜擢などさまざまなテストが可能になるのだ。

最終ラインは入れ替えか。長谷部不在の中盤は…

 サウジアラビア戦でまず試みるべきは、最終ラインの入れ替えだ。指揮官は6月のイラク戦(テヘラン)と今回のオーストラリア戦でGK川島、DF(右から)酒井宏樹(マルセイユ)、吉田、昌子源(鹿島)、長友という守備陣で固定してきたが、今回はGKに通算2キャップの東口順昭(G大阪)か、未だ出場のない中村航輔(柏)を起用する絶好のチャンス。

 特に中村は今季Jリーグで好セーブを連発していて、本気で向かってくるサウジアラビアにどこまで仕事ができるか見ものだ。この最終予選は西川周作(浦和)を含めて30代の選手を軸に戦ってきたため、そろそろ20代前半の守護神に台頭してほしい時期でもある。中村本人も「ロシアへ行きたい」と語気を強めていただけに、ぜひ思い切ったチャレンジをすべきだ。

 センターバックにしても、昌子と植田直通(鹿島)か三浦弦太(G大阪)を組ませる必要がある。今回の最終予選では吉田が昨年9月の初戦・UAE戦(埼玉)でいきなり警告1枚を受けながら、何とか9試合を戦い抜くことができたが、W杯本番で同じようにうまくいくとは限らない。長期離脱中の森重真人(FC東京)は完全復帰のメドが立たないため、どうしても若いDFコンビをトライしておく必要がある。

「次に(吉田)麻也くんを外す可能性は極めて高い。ナオ(植田直通)とは長いことやってるから心配していないけど、(三浦)弦太と組んだ時は自分の方が年齢でも代表キャップ数でもJリーグの試合数でも僕の方が上。なのでできるだけのサポートをしてあげたい。自分にとってもすごく大事な試合になる。僕はアウェイのイラク戦を経験したけど、アウェイの経験は滅多に積めるものじゃない。若手のフレッシュさを見せていければなと思います」と若手世代のリーダー格と言える男・昌子は自身の統率力やコーチング力を遺憾なく発揮していくつもりだ。

 左サイドに酒井高徳(ハンブルガーSV)や槙野智章(浦和)が入っても年長者をコントロールすることには変わらない。昌子が次世代のけん引役に相応しいか否かが試されるゲームになるだろう。

 中盤も長谷部が不在のため、アンカーを置かずにダブルボランチに戻す可能性が高い。そこで山口蛍(C大阪)と井手口が組めば確実に機動力は高まる。「自分は2枚でやるのが一番やりやすいかなと。(井手口)陽介ともその形でやったらどうなのかな」と山口も興味深そうにコメントしていたが、オーストラリア戦のアグレッシブさをそのまま出してくれれば非常にいいコンビになりそうだ。これもチェックしたい1つのポイントである。

本田&岡崎の奮起に期待。トップ下・柴崎にもチャンスを

 2列目より前は選択肢が複数ある。トップ下に関しては、前回出番のなかった柴崎岳(ヘタフェ)と小林祐希(ヘーレンフェーン)のいずれか、右サイドは本田圭佑(パチューカ)か久保裕也(ヘント)、左サイドは原口元気(ヘルタ・ベルリン)か武藤嘉紀(マインツ)、1トップは岡崎慎司(レスター)か杉本健勇(C大阪)が考えられる。が、浅野や乾貴士(エイバル)もピッチに立てない状態ではない。どういうチョイスをするのが今後にとって一番のプラスになるのかをハリルホジッチ監督は思いめぐらせているだろう。

 そこで強く勧めたいのが、本田と岡崎の先発起用である。6大会連続で世界への切符を引き寄せた大一番でまさかの出番なしに終わった本田は「僕はこの危機感を与えてくれたことに感謝している。(乾)貴士も(浅野)拓磨にしてもすごかったし、もっとスプリントせなあかんというシンプルなことを思わせてくれる選手がいた」と代表で実績の少ない面々の台頭に俄然やる気が湧いたという。

 それは岡崎にしても同じ思いのはず。オーストラリア戦は後半42分からわずかにピッチに立ったものの、代表キャップ109試合・50ゴールという偉大な足跡を残した男がそれで満足できるはずがない。長谷部や吉田が控えに回るとしたら、ゲーム全体をコントロールし、チーム全体を落ち着かせる人間はやはり必要だ。本田と岡崎であればそういう役割は十分にできる。むしろ31歳の両ベテランがかつてないほど奮起する姿は若手にもプラス影響を与え、健全なサバイバルを加速させるだろう。

 トップ下は2年ぶりの代表復帰となった柴崎を思い切って抜擢してもいい。柴崎にとって最後の国際Aマッチ出場は2015年10月のイラン戦(テヘラン)。だが屈強な体躯を誇る男たちに囲まれて、仕事らしい仕事は何一つできず、デュエルの弱さを露呈することになってしまった。

 だが、今年からスペインに活躍の場を移し、フィジカルコンタクトや相手との間合いは多少なりとも変化しているはずだ。同じ中東の地でかつて感じたコンプレックスを払しょくできれば、彼自身にとっても、日本代表にとっても大きな節目になる。

 こうしてチャンスを与えられた選手たちが目覚ましいパフォーマンスを見せ、最終戦も内容ある勝利を手にすれば、チームの士気はさらに上がる。そういう前向きな形で最終予選を終わらせるべく、指揮官には策を講じてもらいたい。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子