北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、米国に対北朝鮮政策の転換を促す署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「米国は、政策転換を決心すべきである。その政策転換は、根本的に変わったわが国の戦略的地位、地政学的影響力を認めたことに基づいてすべきである」と主張した。

また、「朝鮮の鋭い匕首が米国の息の根を狙っているような状態で、他国に朝鮮との関係断絶を要求するからといって状況が変わるのではない」と述べた。

その上で、「わが国家との対決では、米本土の安全を絶対に保証できない。米国が対決の度合いを強めるほど問題解決の方途を見い出せず、時間を無駄に流すほど米本土全域を射程内に入れたわが戦略軍の打撃能力が急速度に強化されるのは、火を見るより明らかなことである」と強調した。