ボーンマスFWキングのゴールなどでノルウェーがアゼルバイジャンを下す《ロシアW杯欧州予選》

写真拡大

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第7節、ノルウェー代表vsアゼルバイジャン代表が1日に行われ、2-0でノルウェーが勝利した。

▽6試合を終え勝ち点4で5位につけるノルウェーと、勝ち点7で4位につけるアゼルバイジャンの一戦。試合はホームのノルウェーが序盤からペースを握る。

▽試合は6分、ノルウェーのヨナス・スベンソンがボックス内右からシュートもわずかに左に外れる。17分にはステファン・ヨハンセンの落としをモハメド・エルヨナッシがボックス内左でシュートも、これまた枠を外してしまう。

▽それでも31分、ディフェンスラインの裏へのパスに抜け出したジョシュア・キングに対し、クリアしようとしたバダビ・フセイノフが腹部を蹴りあげてしまいファウルに。このPKをキングが自ら決め、ノルウェーが先制する。

▽1-0とノルウェーリードで迎えた後半。59分にノルウェーが左サイドを仕掛けると、ボックス内に侵入したハイタム・アレーサミが中央へグラウンダーのクロス。すると、ブロックに入ったラシャド・サディコフがオウンゴールを献上し、ノルウェーがリードを広げる。

▽結局その後はスコアが動かず。ノルウェーが2-0でアゼルバイジャンを下した。

ノルウェー 2-0 アゼルバイジャン

【ノルウェー】

ジョシュア・キング(前32)[PK]

OG(後14)