実話誌の「実話」って?

写真拡大

実話誌と呼ばれるジャンルがあります。主に男性向けの雑誌であり、エロい記事が載っていたり、アウトロー関連の記事が載っていたりと盛りだくさんの内容です。中でも特に実話誌のメインコンテンツといえるものが、芸能ゴシップです。実話誌に載っている芸能ニュースは、本当かよと思うものも少なくありません。少なくとも実話ではないのではないか、そんな印象を持つ人も多いでしょう。

本当にあった話ではない

実話誌が取り扱う実話というのは、本当にあったことをもとにしているものではありません。ここでいう実話とは「実になる話」という意味です。つまりは、本当かどうかはわからないけれども、誰もが興味を持つようなトピックが実話として扱われているのです。

残りにくい資料

実話誌に書かれている内容は、本当かウソかわからないものばかりで、中には明らかなウソ記事も含まれているでしょう。それでも、その時々の、読者の興味関心がそういったものに向いているということがわかるので、後々顧みてみるとするならば、文化的な資料になる可能性もあります。実話誌というのは読み捨てられてしまうようなメディアですので、図書館はもちろん、古本市場にもあまり登場しません。その分、ある程度の時間が経ったものは美品として現存するものが少なく、貴重な資料となる可能性もあるのです。