Rawpixel / PIXTA(ピクスタ)

多くのご家庭にある夏の定番グッズといえば、水着、浮き輪、ビーチボールなどがあると思います。

それら夏の定番グッズは、夏の時期に楽しんで何回も使うアイテムではあるのですが……、

翌年の夏になってもわかりやすく、そして使いやすくしまっておくのが面倒なアイテムでもあるようです。

このような“ちょっと厄介な季節のアイテム”のお手入れと収納法について、おすすめの方法をご紹介したいと思います。

■シーズングッズは行方不明になりやすい!?

heart sora / PIXTA(ピクスタ)

「いつの間にか、セパレートタイプの私と娘の水着が上下別々になってしまっていたことがありました。しまったときには、ちゃんと上下セットにしておいたのに……」

(30歳/主婦)

「家族の誰かの水着だけが出てこないことがある。でも、その度に買い直すわけにもいかないから必死になって家中を探しまわります」 (35歳/主婦)

「ビーチボールのビニールがくっついてしまい、結局使えなくなってしまっていて、泣く泣く買い直したことが過去数回あります」 (36歳/パート)

リサーチしてみたところ、水着やビーチボールなどのビニールグッズ類の収納に困っている主婦たちが多いようでした。

来年もまた、使いたいときにすぐ使えるように、しっかりとお手入れをしてから収納しておきたいものですよね。

■身近なアレを使ったひと工夫で来シーズンも快適に!

【ファスナー付きビニールファイル】

筆者もやっているのですが、水着を収納するときには、100円ショップのファスナー付きビニールファイルに入れておくのが便利ですよ。

たとえセパレートタイプの水着であっても、これならひとつにまとめておくことができますし、省スペースで済むので邪魔になりません。

さらに、水着の下に着ける専用の下着や、上に羽織るパーカーなども一緒にまとめておけば、翌年のプール前に慌てることもなくなります。

また、ファスナーにタグを付けておけば、誰の水着が入っているのかも一目でわかるので、安心して家族分を一箇所にまとめておけますね。

【ベビーパウダー】

浮き輪やビーチボールなどは、ベビーパウダーを振りかけてからしまうことで、翌年の「くっついていて使えない!」というトラブルを回避することができます。

また、端からくるくると丸めるようなたたみ方をすると、かなり小さく収納することが可能。

これで「クローゼットの中で、かさばって邪魔なのよね〜」という悩みとも決別できますね。

ストリーム / PIXTA(ピクスタ)

プールに含まれている塩素には漂白作用があり、色褪せの原因となり得るので、水着などははしっかりと洗濯してからしまってくださいね。

また、ビーチボールや浮き輪などのビニールグッズは、しっかりと乾かしてからでないとカビが繁殖しやすくなってしまいます。

来年の夏も快適に使えるように、ちょっとしたひと手間をかけてみてはいかがでしょうか。