31日、韓国・国民日報によると、格安航空会社機内での座席マナーをめぐり、韓国のインターネット上で論争が起こっている。写真は格安航空会社の機内。

写真拡大

2017年8月31日、韓国・国民日報によると、格安航空会社(LCC)機内での座席マナーをめぐり、韓国のインターネット上で論争が起こっている。

ある人物が、韓国への帰国便でLCCを利用した際の出来事をネットにつづったのがきっかけだった。「皆さんご存じのように、LCCは座席の間隔がとても狭いから皆が不便を感じますよね」と前置きされた投稿によると、投稿者が乗った飛行機が離陸した途端、前の席の人がシートをバタンと後ろに倒してきたという。「少し傾けるくらいなら理解もするけれど、脚に当たるくらいだった」そうで、困った投稿者が「申し訳ないがシートを少し戻してほしい」と頼んだところ、「自分の座席を自分の思い通りにもできないのか?」と鼻で笑われたそう。

この返答を受けた投稿者は「この人には話が通じない」と直感、「ほどほどに倒してください」と言うにとどめたが、なんとその言葉を聞いた前の席の人物は、横に並んで座っていた連れの2人とそろってこれ見よがしにさらにシートを後ろに倒してきたという。

この出来事に、投稿者は「自分の席で思うようにするのは結構だけど、他人に迷惑を掛けるなら遠慮してくれてもいいのではないか」「シートを倒すこと自体は問題ではないが、完全に倒し切るのはちょっと違うと思う。礼儀の問題ではなく、配慮と尊重の問題」だと主張した。

これに対し、韓国のネットユーザーからは「頼んだのにさらに倒してきたのなら問題。ほどほどに譲り合わないと」「自分の席を倒す権利はあるだろうけど、他人に被害を及ぼす権利まではないはず」と投稿者に同調する意見が寄せられたほか、「お互い少しだけ思いやれば楽なのにね」など譲り合いを促そうとする声もみられる。

また、「日本では高速バスでも新幹線でも、乗るたび前の席の人がシートを倒すときに『すみません』と声を掛けるよ」「韓国人の9割は他人への配慮がこれっぽっちもない。自分さえよければ他人がどうなろうと気にも留めない未開人だ」と、日本人と比べ韓国人の配慮の意識を嘆く声も。

しかし意外なことに、投稿者には反対の立場を主張する意見も多い。「いっそシートを固定しておけば?自分勝手な人間が多過ぎるから」「シートを倒さないようお願いするのはいいけど、それが強要になると問題。この場合もどちらが正しいかは難しいね。やっぱりLCCのシートは倒せないようにしておくのが皆にとって気楽だと思う」などとして、争いの原因は「LCC側のミスだ」とするものや、「LCCらしくシートを倒す料金も別に取ればいいよ。後ろの席は安く売ることにして」との驚きの提案も多数の共感を集めていた。(翻訳・編集/吉金)