ロシアW杯欧州予選は1日に第7節を行った。グループCを戦うドイツ代表は敵地でチェコ代表と対戦。開始4分のFWティモ・ベルナーのゴールで先制すると、後半33分に同点弾を浴びるも、同43分にセットプレーの流れからDFマッツ・フンメルスが押し込み、2-1で競り勝った。7戦全勝のドイツは、次節にも予選突破を決める可能性が出てきた。

 グループCの2位の北アイルランド代表は敵地でサンマリノ代表に3-0で快勝。FWジョシュ・マゲニスの2ゴールなど、後半25分からの3ゴールで勝利した。北アイルランドの勝ち点は16。3位チェコとの勝ち点差は7に広がった。

 9月4日の次節でドイツはホームでノルウェーと、北アイルランドはホームでチェコと対戦する。

チェコ 1-2 ドイツ

ノルウェー 2-0 アゼルバイジャン

サンマリノ 0-3 北アイルランド

[グループC]

1.ドイツ(21)+27

2.北アイルランド(16)+12

3.チェコ(9)+3

4.ノルウェー(7)-2

5.アゼルバイジャン(7)-8

6.サンマリノ(0)-32

 グループEは首位のポーランド代表が敵地でデンマーク代表に0-4で大敗。前半15分にMFトーマス・デラネイに許したゴールを皮切りに、前後半2点ずつを奪われ、予選初黒星を喫した。

 2位のモンテネグロ代表は敵地でカザフスタン代表に3-0で勝利。この結果、グループEは勝ち点16のポーランドを、3差でモンテネグロとデンマークが追う混戦状態となった。

 9月4日の次節は、ポーランドはホームでカザフスタン、モンテネグロはホームでルーマニア、デンマークは敵地でアルメニアと対戦する。

デンマーク 4-0 ポーランド

ルーマニア 1-0 アルメニア

カザフスタン 0-3 モンテネグロ

[グループE]

1.ポーランド(16)+4

2.モンテネグロ(13)+10

3.デンマーク(13)+8

4.ルーマニア(9)+1

5.アルメニア(6)-8

6.カザフスタン(2)-15

 グループFは首位のイングランド代表が敵地でマルタ代表に4-0で快勝。FWハリー・ケインが2ゴールを決めるなど、後半の怒涛の4発で勝利した。イングランドは勝ち点を17に伸ばして首位をキープ。

 勝ち点2差の2位で追うスロバキア代表はホームで3位スロベニア代表と対戦。終盤まで均衡状態は続いたが、後半36分に奪ったFWアダム・ネメツのゴールによって、1-0で勝利した。スロベニアはリトアニア代表を3-0で下したスコットランド代表にかわされ、4位に後退した。

 グループFは首位のイングランドを勝ち点2差でスロバキア、そこから勝ち点4差でスコットランドとスロベニアが追う状況。9月4日の次節はイングランドはホームでスロバキアと首位攻防戦を行うことになっている。 

マルタ 0-4 イングランド

スロバキア 1-0 スロベニア

リトアニア 0-3 スコットランド

[グループF]

1.イングランド(17)+12

2.スロバキア(15)+9

3.スコットランド(11)+2

4.スロベニア(11)+2

5.リトアニア(5)-8

6.マルタ(0)-17


●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧